HermitianMatrixQ

HermitianMatrixQ[m]
m が明示的にエルミート(Hermite)行列の場合はTrueを,その他の場合はFalseを返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • HermitianMatrixQは自己随伴行列としても知られている.
  • m==ConjugateTranspose[m]のとき,行列 m はエルミート行列である.
  • HermitianMatrixQは数値行列と記号行列の両方に使うことができる.
  • 使用可能なオプション
  • SameTestAutomatic式の等価性を検定する関数
    ToleranceAutomatic近似数の許容範囲
  • 厳密行列および記号行列については,オプションSameTest->f は,Trueを返す場合は および の2項が等価であると考えられることを示す.
  • 近似行列については,オプションTolerance->t を使ってAbs[mij]t であるすべての項がゼロであると考えられることを示す.
  • Abs[mij]>t である行列の項については,等価性の比較は最後のビットを除いて行われる.ただし,MachinePrecision行列については$MachineEpsilonPrecision の行列についてはである.
2007年に導入
(6.0)
| 2014年に修正
(10.0)