Hue

Hue[h]
グラフィックス指示子であり,以下に続くオブジェクトを,色調 h に対応する色で表示することを指定する.

Hue[h,s,b]
色を3種類のパラメータ,色調(hue),彩度(saturation),そして輝度(brightness)で指定する.

Hue[h,s,b,a]
不透明度 a を指定する.

詳細詳細

  • Hueは,HSB(色調,再度,輝度)あるいはHSV(色調,彩度値)としても知られている.
  • Hueは,一般に色パラメータの簡単な解釈を許容する色の選択に使われる,RGBColorの円柱変換に対応する.
  • パラメータ hsb そして a は,すべてからの範囲になくてはならない.範囲外の sb それに a の値は切り捨てられる.この範囲外にある h の値は循環的に取り扱われる. »
  • hからへと変化するにつれて対応するHue[h]の色は赤,黄,シアン,青,マゼンタと変化して,ふたたび赤に戻る. »
  • Hue[h]Hue[h,1,1]と同じである. »
  • 白黒の出力デバイスでは,輝度の値に基づいたグレーレベルが使われる.
  • ColorConvertを使ってHueを他の色空間に変換することができる.
  • 代替形のHue[{h,s,b}]およびHue[{h,s,b,a}]も使うことができる. »
  • Style[expr,Hue[]]は,expr を指定した色で表示するように指定する. »
  • 3Dの表面では,明示的なHue指示子で表面の色を指定する.最終的な陰影付けは照明に依存する.
  • Glow[Hue[]]を使って照明に依存しない色を指定する. »
  • Hue[h,s,b,a]{Hue[h,s,b],Opacity[a]}に等しい. »
  • 不透明度が指定されていなければ,Hue[h,s,b]Hue[h,s,b,1]に等しい.
1991年に導入
(2.0)
| 2007年に修正
(6.0)