Hyperlink
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

Hyperlink[uri]
クリックされると指定のURIにジャンプするハイパーリンクを表す.

Hyperlink[label,uri]
として表示されるハイパーリンクを表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 以下のタイプのURIを使用することができる.
  • "string"のようなURI
    {"file.nb",None}完全なローカルのノートブックファイル
    {"file.nb","tag"}ローカルノートブックファイル中の指定のタグが付いた最初のセル
  • ローカルのノートブックファイルは,のような相対的なパスで指定することができる.パスのベースはハイパーリンクを含むノートブックの場所であると考えられる.
  • Hyperlinkはグラフィックスや他の任意の式で使うことができる.
  • Hyperlinkオブジェクトはグラフィックスの中に置くことができる.
  • デフォルトで,Hyperlinkスタイルで描画する.
  • マウスが の上にくると,デフォルトでこのラベルはスタイルで描画される.
  • 以下のオプションを使うことができる.
  • ActiveStyle"HyperlinkActive"ハイパーリンク上にあるときに使用する付加的スタイル
    BaseStyle"Hyperlink"使用するベーススタイル
  • サポートされるURIのタイプには,"http","file","ftp","mailto"等がある.
  • "paclet:"で始まるURIはWolframシステムのドキュメントその他のリソースに直接アクセスする.
  • 異なるタイプのハイパーリンクは以下のように扱われる.
  • ノートブックファイルのURI現行のWolframシステムセッションで開かれる
    ノートブックファイル以外のURIオペレーティングシステムを通して開かれる
    ファイル以外のURIWebブラウザで開かれる
  • 標準的なノートブックフロントエンドでは,ハイパーリンクは挿入メニューのハイパーリンクを使って挿入することができる.
  • Shiftを押しながらハイパーリンクをクリックすると,すでに存在しているウィンドウが使える場合でも,常に新しいノートブックウィンドウが開かれる.
2007年に導入
(6.0)
| 2008年に修正
(7.0)