Image

Image[data]
配列 data で与えられる画素値を持つラスター画像を表す.

Image[graphics]
グラフィックスオブジェクトからラスター画像を作成する.

Image[obj,options]
指定オプションを使った画像を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Image[]はノートブックに画像として表示される.
  • Image[data]data の連続する行をページの縦方向に,連続する列を横方向に並べる.
  • Image[data]では,data の各要素で任意数のチャンネルの値を指定することができる.
  • data の要素は次のいずれでもよい.
  • v0(黒)から 1(白)までのグレーレベルとして描画する
    {r,g,b}0から1までの赤,緑,青の値として描画する
    {c1,c2,c3,}等間隔の色相で表されるチャンネル値
    color特定の色
  • Imageは,AtomQ等の関数によって,パターンマッチの目的では,未加工オブジェクトとして扱われる.
  • Image[data]はデフォルトで任意の実数を扱うが,表示するのは0から1までの値である.
  • Image[data,"type"]は次のタイプの値を扱う.
  • "Bit"0か1の整数
    "Byte"0から255までの整数
    "Bit16"0から65535までの整数
    "Real32"単精度実数(32ビット)
    "Real"倍精度実数(64ビット)
  • Image[data]Image[data,"Real"]に等しい.
  • Image[data,"type"]は丸めや切取りを使って強制的に data 中の値が指定タイプになるようにする.
  • Image[image,"type"]はタイプ間の変換に使用できる.
  • Imageの取り得るオプション
  • ColorSpaceAutomaticデータにどの色空間を仮定するか
    ImageResolutionAutomaticエキスポートに使用する解像度
    ImageSizeAutomatic画像の表示サイズ
    InterleavingAutomaticチャンネルがインターリーブされていると仮定するかどうか
    MagnificationAutomatic表示画像をどのように拡大するか
    MetaInformation{}画像に関連付けられたメタ情報
    TaggingRules{}画像と関連付けられたタグ定義規則
  • ColorSpace->"space" はデータ中の値が特定の色空間の座標であると解釈するように指定する.ColorSpace->Automaticは値が任意のチャンネル強度であるとして扱う.
  • ビット画像では常にColorSpaceAutomaticになっている.
  • ColorSpace->"RGB"の設定では,で与えられるデータは不透明度の値 a を含むものと解釈される.
  • デフォルト設定のInterleaving->Trueでは,Image[data,]は,data がチャンネル値のリストの2D配列であると解釈される.
  • Interleaving->Falseとすると,Image[data,]data が各チャンネルについて,値の2D配列のリストであると解釈する.
  • ImageSizeを明示的に設定すると,画像を表示する絶対サイズが決められる.
  • ImageSize->Automaticとすると,表示する画像のサイズはMagnificationの設定で決まるようになる.
  • Magnification->m の設定では,Image[]中の各画素が m×m ブロックの画素で表示されるように指定する.
  • Magnification->Automaticとすると,一般に,小さな画像はより高い拡大率で,大きな画像はノートブックや他の表示エリアに収まるように縮小されて表示されるようになる.
  • Image[graphics]は事実上Rasterize[graphics,"Image"]を使って graphics をラスタライズする.
  • Image[Raster[]]Rasterオブジェクトを画像に変換する.
  • Image[Image[],opts]は事実上画像のオプションをリセットする.
  • ImageDimensionsImageChannelsImageTypeで画像の構造に関する情報が求められる.

予備知識
予備知識

  • Imageは,インターネット等で見られる多くのデジタル画像形式(GIF,PNG,JPG等)の統一された記号表現を与える.特に,Imageオブジェクトには,ラスター画像を表す値の二次元配列(または値のリスト)が含まれる. 画像は,デジタル写真,テキストや画像のデジタル化,科学的可視化,その他幅広い分野でしばしば見ることができる.画像中のデータは,その画像がバイナリ画像か,グレースケールか,RGBあるいはCMYKか,アルファチャンネルを含むか,等によってさまざまな値を取る.
  • 出力に際して,Imageは値の二次元配列としてではなく,実際の画像の絵となる. ImageオブジェクトはExportを使ってさまざまな標準的画像形式にエキスポートすることができる.また,多くの形式の画像が,Importを使ってImageオブジェクトとしてインポートできる.Imageは,外部アプリケーションからドラッグアンドドロップでノートブックに挿入することもできる.
  • Image関数を適用することで,任意のGraphics式を画像に変換することができる.同様に,Rasterを適用することで,画像を他のGraphicsプリミティブと一緒に表示するのに適したラスター式に変換することができる.関数Showを使って二次元ベクトルグラフィックス(あるいはGraphicsオブジェクト)をImageオブジェクトと組み合せることができる,
  • 画像中の画素値の配列はImageDataを使って得ることができる.ImageDimensionsは,Imageオブジェクトに関連したラスターの画素次元を与える.ImageTypeは,画像の各画素を内部的に表すために使われる数の型を表すラベルを与える.Imageそれ自身を使って画像をある型から別の型に変換することができる.また,ImageAdjustを使って実数値画像のすべての値を0から1の間にすることができる.画像が含んでいるチャンネル数は,関数ImageChannelsを使って得ることができる.
  • Imageオブジェクトの役に立つオプションには, ColorSpaceInterleavingImageResolutionImageSizeMagnification等がある.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

3×3配列から画像オブジェクトを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3D配列からRGBチャンネル画像を作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ファイルからインポートして画像を作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2008年に導入
(7.0)
| 2014年に修正
(10.0)