ImageApply

ImageApply[f,image]
image 中の各画素のチャンネル値のリストに関数 f を適用する

ImageApply[f,{image1,image2,}]
から取られた対応する画素値の列に f を適用する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageApply[f,image]は,各画素のチャンネル値のリストを,そのリストに関数 f を適用した結果で置換する.
  • ImageApplyは任意のチャンネル数の画像に使うことができる.
  • ImageApplyimage と同じタイプの画像を返す.
  • ImageApply[f,image]では,関数 f は数または任意長のリストを返すことができる.
  • f に渡されるチャンネル値は,Imageオブジェクトで使われているもとになったタイプとは関係なく,一般に0から1までの範囲である.関数 f は一般に0から1の範囲のチャンネル値を返すと考えられる.
  • ImageApply[f,{image1,image2,,imagen}]では,fn 個の引数が渡される. »
  • ImageApply[f,{image1,image2,}]は同一基準の任意数の画像に使うことができる.
  • ImageApply[f,{image1,image2,}]は,必要であれば値を切り取ったり切断したりして,の最大タイプの画像を与える.
  • ImageApplyf が与えられた画素の個々のチャンネル値に適用されるべきか,チャンネル値の完全なリストに適用されるべきかを指定するオプションInterleavingを持つ.デフォルト設定はInterleaving->Trueである.
  • Masking->roi と設定すると,処理しようとする関心領域が指定できる.
  • ImageApplyImage3Dオブジェクトに使うことができる.
2008年に導入
(7.0)
| 2012年に修正
(9.0)