ImageCompose

ImageCompose[image,overlay]
overlayimage にオーバーレイした結果を与える.

ImageCompose[image,{overlay,α}]
α の融合割合で overlayimage にアルファブレンドした結果を返す.

ImageCompose[image,overlay,pos]
overlay の中央を imagepos 位置に置く.

ImageCompose[image,overlay,pos,opos]
overlay 内の点 oposimage 内の位置 pos に置く.

ImageCompose[image,overlay,pos,opos,{fi,fo,mode}]
合成割合 と指定された合成モードを使う.

詳細詳細

  • ImageCompose[image,]は常に image と同じ画素サイズの画像を与える.
  • ImageCompose[image,overlay]は,overlay がアルファチャンネルを持つ場合はアルファブレンドを行う.
  • ImageCompose[image,{overlay,α}]は,事実上 overlay のアルファ値を α に設定するか,存在するアルファチャンネルに α を掛ける.
  • ImageCompose[image,overlay]は画素ごとに image 上に overlay を構築する.overlay の大きさは変更されない.
  • オーバーレイは明示的な画像オブジェクトか image と同じ大きさになるように自動的にラスタライズされるグラフィックスオブジェクトである.
  • ImageCompose[image,overlay]overlayimage の中央になるようにする.
  • image 中の位置 pos あるいは overlay 中の位置 opos は次のように指定することができる.
  • {x,y}左下角からの絶対画素オフセット
    Scaled[{sx,sy}]オブジェクトの0から1にスケールした位置
    {posx,posy}名前付きの および の位置
  • 使用可能な名前付きの位置はTopBottomLeftRightCenterである.
  • の一方しか与えられていない場合,もう一方はCenterであるとみなされる.
  • 画素オフセットは負でもよい.負の場合は image あるいは overlay 外の点を示す.
  • ImageCompose[image,]は,image がアルファチャンネルを持つ場合のみ,アルファチャンネルを持つ画像を与える.
  • ImageCompose[{image,αi},]は事実上値 を持つアルファチャンネルを image に追加する.
  • ImageCompose[,{fi,fo,mode}]image 中のすべての画素値のの割合を overlay 中のすべての画素値の の割合と,すべての場合においてアルファチャンネルを考慮に入れて組み合せる.
  • mode の値がのとき,overlayimage の上にあるとして扱われる.値がの場合は,下にあるとして扱われる.値がの場合は, imageoverlay は対称的に扱われる.
  • 下記のように選ばれたは,標準的なDuffPorter合成演算子に相当する.
  • {1,1,1}画像の上("over")にオブジェクト(デフォルト)
    {0,1,1}画像の上("atop")にオブジェクト
    {1,0,1}オブジェクト
    {0,0,1}画像の中("in")にオブジェクト
    {1,1,0}"xor"操作
    {0,1,0}オブジェクトの外("out")に画像
    {1,0,0}画像の外("out")にオブジェクト
    {0,0,0}クリア("clear")な画像
    {1,1,-1}オブジェクトの上("over")に画像
    {0,1,-1}画像
    {1,0,-1}オブジェクトの上("atop")に画像
    {0,0,-1}オブジェクトの中("in")に画像
  • およびで与えられる"over"演算子は,事実上アルファブレンドを行う.
  • およびで与えられる"in"演算子は,ある画像を他の画像のアルファチャンネルでマスクする.
  • およびで与えられる"out"演算子は,ある画像を他の画像のアルファチャンネルを補完するものでマスクする.
  • およびで与えられる"atop"演算子は,事実上アルファブレンドを行う前に二つの画像のアルファチャンネルを組み合せる.
  • ImageCompose[image,{o1,o2,}]は,複数の画像を image にオーバーレイする.
  • ImageCompose[image,{{o1,α1},}]を使うと,それぞれのオーバーレイに異なるアルファ値を設定することができる.
  • 対応する位置のリスト,オーバーレイの位置,合成の割合とモードもまた,複数のオーバーレイを組み立てている場合には指定することができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

ある程度透過的な画像を重ねる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

オーバーレイの中心にスケールされた位置を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

オーバーレイに明示的な位置を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

アルファブレンディングのパラメータを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ある程度透過的な2つの画像を重ね合せる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2008年に導入
(7.0)
| 2012年に修正
(9.0)