ImageConvolve

ImageConvolve[image,ker]
カーネル ker による image のたたみ込みを与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageConvolve[image,ker]はデフォルトで,image と同じ次元の画像を返す.
  • ImageConvolveは2Dおよび3Dのバイナリ,グレースケール,多チャンネルの各画像に使うことができる.各チャンネルには別々に作用する.
  • たたみ込みカーネルは数値行列あるいは画像として与えられる.
  • ImageConvolvePaddingオプションを取る.デフォルト設定はPadding->"Fixed"である.
  • Padding->Noneと設定すると,ImageConvolve[image,ker]は一般に image より小さい画像を返す.
  • ImageConvolveは画像中の各チャンネルに別々に働く.
  • ImageConvolveは実数型の画像を返す.

予備知識
予備知識

  • ImageConvolveは,画像のたたみ込み操作を行う.たたみ込みは,1つの関数が別の関数にシフトしていく際の,関数の重なり量を表す積分(あるいはその離散的類似)である.したがって,たたみ込みは1つの関数あるいは画像を別の関数あるいは画像と「混ぜ合せ」るもので,平滑化,特徴検出,微分等の画像についての多くの有益な操作を実行するために使うことができる.
  • 1つの画像上でシフトしてたたみ込みを行う「平滑化」関数は,カーネルとして知られる行列である.コンテキストによってさまざまな種類の多くのカーネルが可能であり有益である.GaussianFilterおよびMeanFilterは,与えられた範囲でガウス行列および平均値行列をそれぞれカーネルとして使う,ImageConvolveの特殊ケースである.
  • ImageConvolveは局所操作である.つまり,カーネルによって決定される近傍の画素値にのみ基づいた出力画素値を生成する.これは,線形操作でもある.つまり,これはたたみ込みに基づき,各画素をその近傍との線形結合で置換する.
  • ImageConvolveの逆の操作はImageDeconvolveである.関数ListConvolveは,(画像ではなく)リストに対してたたみ込み操作を行う.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

正方のカーネルでたたみ込んで画像を滑らかにする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グレースケールの画像をSobelマスクでたたみ込んで垂直方向のエッジを検出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3D画像を滑らかにする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2008年に導入
(7.0)
| 2012年に修正
(9.0)