ImageData

ImageData[image]
ImageあるいはImage3Dオブジェクト image の画素値の配列を与える.

ImageData[image,"type"]
指定タイプに変換された画素値の配列を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageData[image]はデフォルトで,要素が各チャンネルの値のリストである2Dまたは3Dの配列を与える.単一チャンネルの画像に対しては,値のリストではなく1つの値のみが返される.
  • 2Dの場合,ImageData[image]によって生成された配列は,画像が表示されるのと同じ方法で並べられ,第1行が画像中の一番上の画素行に当たる.
  • 3Dの場合,ImageData[image]によって生成される配列は,最初の部分がトップスライスに相当し,行は背景から前景へ,列は左から右へとなるように配置される.
  • バイナリ画像の場合,ImageData[image]は0か1の整数値を返す.その他のすべての画像については,ImageData[image]は通常0から1までの実数値を返す.
  • ImageData[image,"type"]が指定する可能なタイプ
  • "Bit"0か1の整数
    "Byte"0から255までの整数
    "Bit16"0から65535までの整数
    "Real32"単精度実数(32ビット)
    "Real"倍精度実数(64ビット)
  • ImageData[image,Automatic]ImageData[image,ImageType[image]]に等しい.
  • あるいはのタイプの画像の場合,ImageData[image]は常に0から1の間に収まるように値を正規化する.タイプの画像については,ImageData[image]は画像で使われている実数値を,それが何であれ返す.
  • ImageDataはオプションInterleavingを有する.
  • デフォルト設定のInterleaving->Trueのとき,ImageDataはチャンネル値のリストの2Dまたは3Dの配列を返す.
  • Interleaving->Falseとすると,ImageDataは各チャンネルの値の2Dまたは3Dの配列を返す.
  • Interleaving->Automaticは画像を保存するネイティブな形式で返す.
  • ImageDataにはDataReversedオプションを与えることができる.DataReversed->Trueとすると,行の順が逆になる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

第1行の最初の5画素のチャンネルデータ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

バイト値の画像を構築する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

正規化されたラスターデータを抽出する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

生のバイトを抽出する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

3D画像からデータを抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//MatrixForm=
2008年に導入
(7.0)
| 2012年に修正
(9.0)