ImageForwardTransformation

ImageForwardTransformation[image,function]
位置 の各画素が image の位置に対応する画像を返す.

ImageForwardTransformation[image,function,size]
指定された大きさの画像を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageForwardTransformation[image,function]はもとの画像と同じ大きさの画像を返す.
  • もとの画像の画素位置は水平方向が0から1まで,垂直方向が0から縦横比までの範囲であると想定される.
  • 可能な size 指定についてはImageResizeの説明を参照のこと.
  • ImageForwardTransformationの可能なオプション
  • BackgroundBlack背景の値
    DataRangeAutomaticもとの画像中の の値の仮定される範囲
    PlotRangeAutomatic変換結果に含まれる座標範囲
  • DataRangeのよく使われる設定値
  • Automatic2Dでは,3Dでは
    Full2Dでは ,3Dでは
    {{left,right},{bottom,top}}2Dにおける明示的な座標範囲
    {{left,right},{front,back},{bottom,top}}3Dにおける明示的な座標範囲
  • 結果の画像の座標系はPlotRangeオプションで指定される.次はよく使われる設定値である.
  • AutomaticDataRangeの設定と同じ
    All変換された全画素を含もうとする
    Full入力画像と同じ範囲
    {{left,right},}明示的な座標範囲
  • PlotRangeAutomatic以外のとき,size はもとの画像の大きさとPlotRangeDataRangeの比に基づいて選ばれる.
  • オプション設定"Interpolated"->Falseでは,前進変換では届かない画素は背景色にされる.
2010年に導入
(8.0)