ImageHistogram

ImageHistogram[image]
image 中の各チャンネルについて画素レベルのヒストグラムをプロットする.

ImageHistogram[image,bspec]
ビン指定 bspec を使う.

ImageHistogram[image,bspec,range]
指定された range の画素値のヒストグラムをプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageHistogramGraphicsオブジェクトとして表されたグラフィカルな画像を返す.
  • ImageHistogramは,任意のグレースケール画像,2Dおよび3Dの多チャンネル画像に使うことができる.
  • RGB画像の場合,ImageHistogramはデフォルトで赤,緑,青を使ってチャンネルを表示する.
  • ビン指定 bspec は次の任意のものでよい.
  • nn 個の等間隔ビン
    Automaticビンを自動的に選ぶ
    All可能なすべての画素値の合計を返す
    "Byte"データ値を"Byte"タイプに変換した後の256レベル
  • デフォルトで,バイナリ画像には2つのビン,その他には128のビンが使われる
  • range には以下の形がを使うことができる.
  • Automatic色空間による自動範囲
    Allすべての値を含む
    {All,max}max より下の値を含む
    {min,All}min より上の値を含む
    {min,max}min から max までの値を含む
  • range には,画像の色空間によって,以下のデフォルトが使われる.範囲は色空間の下位空間を含むように選ばれる.
  • "Grayscale","RGB","CMYK","HSB"
    "XYZ"
    "LAB"
    "LCH"
    "LUV"
  • ImageHistogramには,ListPlotのオプションに次の追加・変更を加えたものを使うことができる.
  • AppearanceAutomaticヒストグラムの詳細な外観
    AspectRatio1/3縦横比
    AxesFalse座標軸を描くかどうか
    FillingAxis各点の幹をどのように塗り潰すか
    FrameTrue枠を含めるかどうか
    FrameTicksNone枠目盛
    InterpolationOrder0データ点を繋ぐ際に使う多項式の曲度
    JoinedTrue棒を繋ぐかどうか
    Method"IncludeOutOfRange"使用するメソッド
    PlotRangePaddingNone値の範囲をどのくらい充填するか
    PlotTheme$PlotThemeプロットの全体的なテーマ
  • Appearanceの可能な設定値
  • "RGB"RGBチャンネル値および重なる色を示す
    "Separated"各チャンネルに別々のヒストグラムを作る
    "Stacked"各チャンネルの値を積み重ねる
    "Transparent"透過性を使って重なるチャンネルを示す
  • Methodの可能な設定値
  • "IncludeOutOfRange"最初のビンには範囲より下の値,最後のビンには範囲より上の値
    "ExcludeOutOfRange"範囲外の値を数えない
2008年に導入
(7.0)
| 2014年に修正
(10.0)