ImageLevels

ImageLevels[image]
image の各チャンネルの画素値と画素数のリストを返す.

ImageLevels[image,bspec]
ビン指定 bspec を使ったて画素値をビンに入れる.

ImageLevels[image,bspec,range]
指定された range のビン数を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageLevelsは,各チャンネルのレベルのリストを{{lev1,k1},{lev2,k2},}の形で与える.ただし,ki は 最後のビンを除いた を満たす値の数である.最後のビンには が使われる.
  • バイナリ画像の形は{{0,n0},{1,n1}}である.
  • ImageLevelsは,任意のグレースケールおよび多チャンネルの2Dおよび3Dの画像に使うことができる.
  • ビニング指定 bspecは,デフォルトでは256のレベルが使われるが,次のどれでもよい.
  • nn 個の等間隔ビン
    Automaticビニングを自動的に選ぶ
    All可能なすべての画素値の合計を与える
    "Byte"データ値を"Byte"タイプに変換した後の256レベル
  • range は次の形でよい.
  • Automatic色空間による自動的な範囲
    All各チャンネルのすべての値を含む
    {All,max}max より下の値を含む
    {min,All}min より上の値を含む
    {min,max}min から max までの値を含む
    {range1,}各チャンネルに異なる範囲
  • 画像の色空間によって,次のデフォルトが range に使われる.範囲は"RGB"色空間の部分空間を含むように選ばれる.
  • "Grayscale","RGB","CMYK","HSB"{0,1}
    "XYZ"{{0,0.97},{0,1},{0,0.83}}
    "LAB"{{0,1},{-0.8,0.94},{-1.13,0.94}}
    "LCH"{{0,1},{0,1.3},{0,1}}
    "LUV"{{0,1},{-0.85,1.76},{-1.26,0.88}}
  • 指定可能なオプション
  • Method"IncludeOutOfRange"使用するメソッド
  • Methodの可能な設定値
  • "IncludeOutOfRange"最初のビンの範囲より下の値と最後のビンの範囲より上の値
    "ExcludeOutOfRange"範囲外の値は数えない
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)