ImageLines

ImageLines[image]
image 中の線分を求め,それらの端点の座標を返す.

ImageLines[image,t]
画像の線の選択に閾値 t を使う.

ImageLines[image,t,d]
パラメータ d を使って検出された線の明瞭さを制御する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageLines が標準的な画像座標で表示された線分のリストを返す.
  • ImageLines[image,t]は正規化された強さが指定された閾値 t よりも大きい image 中の線を求める.
  • ImageLinesは,結果を正規化された強さによってソートする.
  • ImageLines[image,t,d]では,パラメータ d はどの程度線を抑制するかを制御する.この値が0のときは検出されたすべての線が返される.d の値がのときは一番強い線しか返されないことがある.
  • 使用可能な線検出メソッド
  • "Hough"Hough変換に基づく線
    "RANSAC"RANSACアルゴリズムに基づく線
  • Method->"Hough"とすると,Hough変換中の最強のピークを繰り返し選択することで線が検出される.明瞭さのパラメータを使用すると,すでに選択されたピークの矩形領域内に存在するピークは候補の集合から除外される.
  • Method->"RANSAC"とすると,ランダムサンプリングによって線が検出される.各サンプリングについて,線の強さの計算に,明瞭さのパラメータ d によって指定された距離内の画素が使われる.選択された線上の画素は,続く反復には使われない.
  • MaxFeatures->n と設定すると,正規化された強さが最も大きい最高で n 本の線が返される.
  • デフォルトで,ImageLinesは境界から境界までスパンする線を返す."Segmented"->Trueの設定では,検出された線がより短い線分に分割されることがある.
2010年に導入
(8.0)
| 2012年に修正
(9.0)