ImageTransformation

ImageTransformation[image,function]
位置 p の画素それぞれが image 中の位置 function[p]に対応する画像を与える.

ImageTransformation[image,function,size]
指定サイズの画像を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageTransformation[image,f]では,f は,結果の画像内の点{x,y}あるいは{x,y,z}からの入力画像 image への後方変換を定義する,f[{x,y}]形式(二次元),あるいは f[{x,y,z}]形式(三次元)の関数である.
  • 関数 fTransformationFunctionオブジェクトで指定することもできる.
  • 2Dでは,入力画像の座標系の範囲は{{0,1},{0,a}}であると想定される.ただし,a は縦横比である.デフォルトで,画像の左下のコーナーが座標{0,0}に相当する.
  • 3Dでは,入力画像の座標系範囲は{{0,1},{0,d/w},{0,h/w}}であると想定される.ただし,{w,d,h}は画像の次元である.画像の左前下コーナーは,デフォルトで,座標{0,0,0}に対応する.
  • DataRangeオプションを指定することで,他の座標系を指定することができる.
  • ImageTransformationで使用可能なオプション
  • Background0使用する背景色
    DataRangeAutomaticもとの画像の座標範囲
    MaskingFull変換する関心領域
    Padding0充填法
    PlotRangeAutomatic結果の画像の座標範囲
    ResamplingAutomaticリサンプリングの方法
  • デフォルトで,ImageTransformationは入力画像と縦横比が等しい画像を返す.
  • DataRangeでよく使われる設定値
  • Automatic2Dでは{{0,1},{0,h/w}},3Dでは{{0,1},{0,d/w},{0,h/w}}
    Full2Dでは{{0,w},{0,h}},3Dでは{{0,1},{0,d},{0,h}}
    {{left,right},{bottom,top}}二次元の明示的な座標範囲
    {{left,right},{front,back},{bottom,top}}三次元の明示的な座標範囲
  • 結果画像の座標系はPlotRangeオプションで指定する.次は,使われる設定値である.
  • AutomaticDataRangeの設定値と等しい
    All変換された全画素を含もうとする
    Full入力画像と同じ範囲
    {{left,right},}明示的な座標範囲
  • ImageTransformation[image,function]では,結果画像の画素の次元は image の次元とPlotRangeDataRangeの比率に基づく.
  • Maskingオプションは以下のいずれ化である.
  • All入力画像のみ
    Full入力画像および充填
    mask任意のマスク画像
  • 使用可能な size 指定については,ImageResizeの解説ページを参照のこと.
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)
Translate this page: