WOLFRAM言語組込みシンボル

ImportAutoReplacements

この関数は,Wolfram言語には完全に統合されていません.変更される可能性があります.

ImportAutoReplacements
Wolfram言語がテキストをインポートするときに,指定された置換規則を自動的に適用すべきかどうかを指定するセルオプションである.

詳細詳細

  • 適用される置換の規則はリストとして指定され,それぞれの要素はという形式である.
  • このオプションでノートブック内の特定の数式や演算子の表示形式を制御することができる.デフォルトで設定されて得いるいくつかの置換規則は,以下のものである.
  • "->" "[Rule]"
  • ":>" "[RuleDelayed]"
  • "<=" "[LessEqual]"
  • ">=" "[GreaterEqual]"
  • "!=" "[NotEqual]"
  • "==" "[Equal]"
1999年に導入
(4.0)