Inpaint

Inpaint[image,region]
region の非零要素に対応する image の箇所を修復する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Inpaintは任意のグレースケース画像または多チャンネル画像に使うことができる.
  • 修復する範囲は,画像,グラフィックスオブジェクト,あるいは行列で与えることができる.
  • Inpaintは常に image と同じタイプ,同じ次元の画像を与える.
  • Inpaintは各カラーチャンネルに別々に働く.
  • Inpaintは使用する修復メソッドを指定するMethodオプションを取る.デフォルトでメソッドが使われる.
  • 使用可能な設定値
  • "Diffusion"反復等方性拡散メソッド
    "TotalVariation"反復全変動メソッド
    "FastMarching"高速進行メソッド
    "NavierStokes"NavierStokesメソッド
    "TextureSynthesis"ランダムなサンプリングを使った最適合テクスチャ合成
  • InpaintMethod->"TextureSynthesis"の設定のとき以外は各カラーチャンネルに別々に作用する.
  • Method->{"TotalVariation",subopt}の設定にすると,次のサブオプションが指定できる.
  • "NoiseModel""Gaussian"あるいは
    "Regularization"Automatic正規化パラメータ
  • Method->{"TextureSynthesis",subopt}とすると次のサブオプションが指定できる.
  • "NeighborCount"30テクスチャの比較に使われる近傍画素の数
    "MaxSamples"300最適合テクスチャを求めるために使うサンプルの最高数
  • Inpaintは反復メソッドを使って行う最大反復回数を指定するMaxIterationsオプションを取る.デフォルトの設定値はMaxIterations->100である.
2010年に導入
(8.0)