Insert

Insert[list,elem,n]
list の位置 n に要素 elem を挿入する.n が負の場合,この位置は末尾から数えられる.

Insert[expr,elem,{i,j,}]
expr の位置に要素 elem を挿入する.

Insert[expr,elem,{{i1,j1,},{i2,j2,},}]
複数の位置に要素 elem を挿入する.

Insert[elem,pos]
式に適用可能なInsertの演算子形を表す.

詳細詳細

  • list の頭部はListである必要はなく,任意のものが与えられる.
  • Insertは,対応する通常のリストに効果的に挿入する形でSparseArrayオブジェクトに作用する.
  • exprAssociationオプジェクトのとき,Insert[expr,key->value,pos]は連想に要素を挿入する.
  • 指定された位置があるいはKey[k]の形式の場合,Insertはこのキーに相当する要素の前に新たな要素を挿入するか,あるいはこのキーがすでに存在する場合にはその値を上書きする.
  • 挿入する要素のキーがすでに存在する場合は,同じキーを持つ古い要素が削除される.
  • Insert[elem,pos][expr]Insert[expr,elem,pos]に等しい.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (10)  (10)

番目の位置にを挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

後ろから2番目の位置にを挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

数ヶ所にを挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

二次元配列に挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

a の前に要素を挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複数の要素を挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

連想中のキーを繰り返す項目の挿入は,前の値を上書きする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

位置を使って連想を挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

最終要素の後ろに挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

より深いレベルに挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1988年に導入
(1.0)
| 2014年に修正
(10.0)