Inset

Inset[obj]
グラフィックスの中に挿入されたオブジェクト obj を表す.

Inset[obj,pos]
グラフィックスの pos の位置に挿入するように指定する.

Inset[obj,pos,opos]
オブジェクトの中の位置 opos が囲い込んでいるグラフィックスの pos の位置になるように挿入位置を調整する.

Inset[obj,pos,opos,size]
囲い込んでいるグラフィックスの座標系で挿入するものの大きさを指定する.

Inset[obj,pos,opos,size,dirs]
挿入するものの軸が方向 dirs を向くように指定する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Insetは,GraphicsおよびGraphics3Dで使うことができる.
  • インタラクティブな操作では,Inset[obj,]はデフォルトで単一ユニットとして選ばれる.内部の個々の要素を選択する場合にはダブルクリックしなければならない.
  • オブジェクト obj はグラフィックス,セル式,文字列,その他の式のいずれでもよい.
  • Graphics3Dに挿入されたオブジェクトは,3Dグラフィックスが回転される間は掲示板として表示される.
  • 位置は以下で指定できる.
  • {x,y}プロット中の通常の座標
    Scaled[{x,y},]0から1までスケールされた座標
    ImageScaled[{x,y},]画像全体を0から1にスケールした座標
    Offset[{dx,dy},]印刷用ポイント数による絶対オフセット
    Center{Center,Center}
    {valx,valy,valz}3Dグラフィックスでの座標
  • 座標が取り得るのは,数字,AutomaticあるいはLeftCenterRightAxisである.
  • 座標が取り得るのは,数字,AutomaticあるいはTopCenterBottomBaselineAxisである.
  • Axisはプロット中の軸の位置かタイプセットされたテキストの中心線に相当する.
  • Centerは画像全体の中心位置に相当する.
  • Inset[obj]Inset[obj,Center]に等しい.
  • opos のデフォルト値は,objAlignmentPointオプションの設定値であるか,デフォルトの obj の境界ボックスの中心である.
  • sizeAutomaticのとき,取込みは自然な大きさで行われる.
  • グラフィックスImageSizeの設定値で決定される
    タイプセット式折り返しなしの絶対的な大きさ
  • {w,Automatic}size はタイプセット式が幅 wで折り返されるように指定する.
  • sizeとして与えられると,縦横比が一定でないオブジェクト obj は厳密に w×h の矩形になるように水平方向か垂直方向に伸張される.
  • が固定の縦横比を持ったオブジェクトである場合は,厳密な縦横比になるようにオブジェクトが伸張されたであろう方向の両側に空白スペースが均等に残される.
  • オプションBackgroundの設定値は,はめ込みの領域全体に渡る背景の指定に使われる.
  • デフォルトで,挿入物の 方向と 方向が囲い込んでいるグラフィックスの 方向と 方向に揃うように揃えられる.
  • Inset[,dirs]は違う揃え方を指定するのに使うことができる.
  • dirs が取り得る値
  • Automaticデフォルトの揃え方
    {xx,xy}に沿った 方向
    {Automatic,{yx,yy}}に沿った 方向
    {{xx,xy},{yx,yy}}に沿った の方向
    NoneInsetのコンテンツの方向を決して変えない
  • 方向だけあるいは 方向だけを指定すると,一般にはめ込みが厳密に回転する.
  • の両方向を指定すると,一般に回転と剪断が起る.ここで,もとのはめ込まれた長方形は与えられた方向のベクトルによる平行四辺形になる.
  • ベクトルとベクトルの方向だけが重要である.はめ込まれるもののスケールはで決められる.
  • dirsNoneと指定すると,obj 方向が常に水平に保たれる.
  • dirs{Automatic,None}と指定すると, 方向が常に垂直に保たれる.
  • 2Dグラフィックスは,常に,3Dグラフィックスの表示平面と平行であるとみなされる.
  • Insetには次のオプションを与えることができる.
  • AlignmentLeft挿入した内容をどのように並べるか
    BackgroundNone取込みの範囲全体に使う背景
    BaseStyle{}挿入したコンテンツに使うベーススタイル
    ContentSelectableAutomaticコンテンツの選択を許容するかどうか
    FormatTypeAutomaticテキストのフォーマットタイプ
  • Background->Automaticとすると,挿入先のグラフィックス全体に指定されている背景色が,それがどのようなものであれ使われる.
  • サイズ指定には,ScaledImageScaledOffsetの形式を使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

円板の中にプロットを挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グラフィックスに式を入れる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2Dプロットの上に3Dグラフィックスを挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2Dグラフィックスを3Dグラフィックスに挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)
| 2014年に修正
(10.0)