IntegerDigits

IntegerDigits[n]
十進数表記における整数 n の桁数字をリスト形式で返す.

IntegerDigits[n,b]
b 進数における桁数字を整数 n のリストで返す.

IntegerDigits[n,b,len]
この書式を使うと,リスト長が len になるよう出力されるリストの左側にゼロが付け足される.

詳細詳細

  • IntegerDigitsは,標準的な位取り記数法と同じように,最上位桁を最初に与える.
  • IntegerDigits[n]n の持つ符号を無視する.
  • 長さの指定 lenn を形成する桁数より小さいとき,len で指定される最小有効数字分の桁が返される.
  • IntegerDigits[0]を返す.
  • FromDigitsIntegerDigitsの逆関数として使うことができる.
1991年に導入
(2.0)
| 2003年に修正
(5.0)