ItemSize

ItemSize
GridColumnおよび関連構文のオプションであり,項目に許容される大きさを指定する.

詳細詳細

  • 標準的設定値には次のようなものがある.
  • Automatic全体的なフォーマットの幅に合うように個々の項目のサイズを決める
    Allすべての項目を同じ幅で同じ高さにする
    Full個々の項目が十分な幅と高さが持てるようにする
    wすべての項目の幅を w にする
    Scaled[s]すべての項目を,フォーマット幅全体に対する割合 s の幅にする
    {w,h}すべての項目を指定の幅と高さにする
  • Gridでは,w は「em」で,h は行の高さで測られる.
  • ItemSizeの設定値は,次のように個別の項目に別々に与えることができる.
  • specspec をすべての項目に適用する
    {specx}specxを連続する水平位置に適用する
    {specx,specy}speckを連続する水平位置と垂直位置に適用する
  • speck の可能な形には次のようなものがある.
  • {s1,s2,,sn}s1から snまでを使い,次にデフォルトを使う
    {{c}}すべての場合に c を使う
    {{c1,c2}}c1c2を交互に使う
    {{c1,c2,}}すべての ciを循環的に使う
    {s,{c}}s を使い,次に c を繰り返し使う
    {s1,{c},sn}s1を使い,次に c を繰り返し使い,最後に snを使う
    {s1,s2,,{c1,c2,},sm,,sn} 最初に siの最初のシーケンスを使い,次に ciを循環的に使い, 最後にに siの最後のシーケンスを使う
    {s1,s2,,{},sm,,sn}最初に siの最初のシーケンスを使い,最後のシーケンスを最後に使う
    {i1->v1,i2->v2,}位置 ikで何を使うかを指定する
    {spec,rules}rules を使って spec における指定を無効にする

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

各項目の幅を固定文字数幅にする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

各列の幅をドキュメント幅との割合で決める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ItemSize->Automaticとすると,テキスト要素がページ幅で折り返される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)