ItemStyle

ItemStyle
GridColumnおよび関連構文のオプションであり,項目に使うスタイルを指定する.

詳細詳細

  • ItemStyle->s は,全項目にスタイル指定 s を使うように指定する.
  • 項目のスタイル指定には,Itemの全オプションに加え,Styleのオプションも使うことができる.Directive[opt1,opt2,]で複数のオプションが指定できる.
  • 項目のスタイル指定は,その項目の内容だけでなく,項目のすべての範囲に適用されるので,例えば背景はその項目の端にまで及ぶ.
  • ItemStyleの設定は次のように与えることで,個々の項目に別々に適用できる.
  • spec全項目に spec を適用する
    {specx}連続する水平位置に を適用する
    {specx,specy}連続する水平および垂直位置に を適用する
    {spec_(x),spec_(y),rules}個々の 要素への明示的な規則も許容する
  • の可能な形:
  • {s1,s2,,sn}から までを使い,次にデフォルトを使う
    {{c}}すべての場合に c を使う
    {{c1,c2}}を交互に使う
    {{c1,c2,}}すべての を循環的に使う
    {s,{c}}s を使い,次に c を繰り返し使う
    {s1,{c},sn}を使い,次に c を繰り返し使い,最後に を使う
    { s 1 , s 2 , , { c 1 , c 2 , }, s m , , s n }
    最初に の最初のシーケンスを使い,次に を循環的に使い, 最後に の最後のシーケンスを使う
    {s1,s2,,{},sm,,sn}最初に の最初のシーケンスを使い,最後に最後のシーケンスを使う
    {i1->v1,i2->v2,}位置 で何を使うかを指定する
    {spec,rules}spec における指定を無効にするために rules を使う
  • ある特定の要素のスタイル指定に複数の または rules を使った場合,そのスタイルは指定順に組み合されたものとなる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

格子内の全要素にスタイルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

第1行にスタイルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

現行スタイルシートのスタイルを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)