LabelStyle
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

LabelStyle
フォーマットおよび関連構文のオプションで,ラベル状の要素の表示に使用するスタイルを指定する.

詳細詳細

  • LabelStyleの設定として,Styleで使われるスタイル指定のすべてを使うことができる.
  • 一般的な設定値
  • "style"現行スタイルシートの名前付きスタイル
    {opt1->val1,}明示的なオプション設定のリスト
    {"style",opt1->val1,}名前付きスタイルにオプション設定を使って変更を加えたもの
  • Styleにおけるのと同じように,Redのような色指示子やBoldSmallのようなテキスト指定もオプションの代りに使うことができる.
  • LabelStyle->spec というオプション設定は,実質的に,フォーマットまたは関連構文のラベル状の要素をStyle[label,spec]で置き換えることである.
  • LabelStyleの設定で明示的に無効にされていない外部のスタイルはすべて使われる.
  • LabelStyleは,実質的にDefaultLabelStyleの後で適用される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

すべてのラベル状の要素の全体的なスタイルを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

枠のラベルはLabelStyleの影響を受ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=Play Animation
2007年に導入
(6.0)
| 2008年に修正
(7.0)
Translate this page: