Language

Language
メニュー,ダイアログボックス,エラーメッセージ,ヘルプファイルに表示される言語を指定するグローバルオプションである.

詳細詳細

  • デフォルト設定は,使用中のオペレーティングシステムで設定されている言語がWolframシステムでサポートされている場合は,それになる.その言語がサポートされていない場合は,Language->"English"がデフォルト設定となる.
  • この設定は,環境設定,テキストおよびシステムリソースファイル,ドキュメントファイルがどこに位置しているか等,システムのさまざまな部分に非常に影響する.それぞれに指定言語のファイルが含まれており,言語にちなんだ名前の付けられたサブディレクトリを含む.例えば,"Japanese"と呼ばれるディレクトリは日本語のテキストリソース,ドキュメント等を含む.選択されたアクティブなLanguageオプション設定と同時に,いくつかの異なった言語をインストールするのも可能である.
  • この新たな設定は,フロントエンドが再起動されるまでは,多くのリソースで有効にはならない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

Languageは,言語に関するいくつかのコマンドのオプションである:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
1996年に導入
(3.0)