LaplaceTransform

LaplaceTransform[expr,t,s]
expr のラプラス変換を与える.

LaplaceTransform[expr,{t1,t2,},{s1,s2,}]
expr の多次元ラプラス変換を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 関数 のラプラス変換は, で定義される.
  • 多次元ラプラス変換は で与えられる.
  • 積分の下限はに設定されるので,ディラックのデルタ関数 のラプラス変換は1に等しくなる. »
  • IntegrateAssumptionsおよび他のオプションもLaplaceTransformで与えることができる. »
  • TraditionalFormでは,LaplaceTransform を使用して出力される. »
1999年に導入
(4.0)