WOLFRAM言語組込みシンボル

LightingAngle

LightingAngle
ReliefPlotおよび関連関数のオプションであり,擬似光の光源の角度を指定する.

詳細詳細

  • 角度はラジアンで,最終的な画像中の の正の方向から反時計回りに測られる.
  • LightingAngle->{θ,ϕ}は,実質的な光源が画像平面から角度 ϕ で発せられているとする.
  • LightingAngle->θLightingAngle->{θ,Pi/4}と等価である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

デフォルトで,擬似照明は,つまり左上の隅に高さで置かれる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

光源を,つまり写像の左に置く:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

光源を,つまり写像の右側に高さで置く:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
2007年に導入
(6.0)