LineBreakChart

LineBreakChart[{{date1,p1},{date2,p2},}]
株価 pi,日付け dateiの新値足を作成する.

LineBreakChart[{"name",daterange}]
期間 daterange の金融商品"name"の終値の新値足を作成する.

LineBreakChart[{},n]
連続する n 本の棒で反転する新値足を作成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • LineBreakChartは一連の垂直棒として表示される.1つの棒に複数の株価が含まれる場合,株価の傾向が強調される.
  • LineBreakChart[{{,p1},{,p2},},n]は過去 日間の株価について見る.過去 日間の株価が上昇傾向 なら上昇する棒を,なら下降する棒を加える.これ以外の場合には新たな棒を加えない.下降傾向の際にも同様のことが行われる.上昇あるいは下降が 日間続かない場合,規則は直前の2つの値に適用される.
  • 新値三本足では,LineBreakChart[]LineBreakChart[,3]に等しい.
  • 日付 datei は順序だった事象の連続とみなされ,絶対時間尺では示されない.
  • datei の日付形式はDateListPlotで使われるものと同じである.
  • "name"daterangeFinancialDataで使われるものと同じである.
  • LineBreakChartのデータ要素は次の形式で与えられる.
  • {datei,pi}純粋な日付と値のペア
    {datei,Quantity[pi,ui]}単位付きの日付と値のペア
    wi[{datei,pi},]日付と値のペアおよびラッパー wi
    formi->miメタデータ miを含む日付と値のペア
  • 棒はいくつかの日付と値のペアを表すことがあり,対応するラッパーは棒全体に適用される.
  • 上記の形式以外で与えられたデータは欠測値とみなされ,図表生成時に除外されることが多い.
  • LineBreakChartのデータは次の形式で与えることができる.
  • {e1,e2,},{"name",daterange}全体的なラッパーがないデータ
    TimeSeries[],EventSeries[],TemporalData[]時系列,事象系列,一時データ
    w[{e1,e2,}],w[{"name",daterange}]全体的なラッパーがあるデータ
  • データ要素には次のラッパーを使用することができる.
  • Annotation[e,label]注釈を付ける
    Button[e,action]要素がクリックされたときに実行するアクションを定義する
    EventHandler[e,]要素の一般的なイベントハンドラを定義する
    Hyperlink[e,uri]要素がハイパーリンクとして動作するようにする
    Labeled[e,]要素をラベル付きで表示する
    PopupWindow[e,cont]要素にポップアップウィンドウを付ける
    StatusArea[e,label]要素上にマウスが置かれたときにステータスエリアに表示する
    Style[e,opts]要素を指定されたスタイルで表示する
    Tooltip[e,label]要素に任意のツールチップを付ける
  • LineBreakChartでは,LabeledPlacedに次の位置が使える.
  • Top,Bottom,Left,Right,Center棒の中の位置
    Above, Below, Before, After棒の外の位置
    {{bx,by},{lx,ly}}棒の中のスケールされた位置{bx,by}におけるラベルの中のスケールされた位置{lx,ly}
  • LineBreakChartにはGraphicsと同じオプションに以下の追加・変更を加えたものが使える.
  • AspectRatio1/GoldenRatio全体的な縦横比
    AxesTrue軸を描くかどうか
    ChartBaseStyleAutomatic棒の全体的なスタイル
    ChartElementFunctionAutomatic棒に使う生のグラフィックスをどのように生成するか
    ChartElementsAutomatic各棒で使うグラフィックス
    DateFunctionAutomaticどのように日付を標準形に変換するか
    EventLabelsNoneラベルを付ける事象
    GridLinesAutomatic描画する格子線
    GridLinesStyleAutomatic格子線のスタイル
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようとするパフォーマンスの局面
    PlotTheme$PlotThemeグラフの全体的なテーマ
    ScalingFunctionsNone個々の座標をどのようにスケールするか
    TargetUnitsAutomaticグラフ中に表示する単位
    TrendStyleAutomatic上昇傾向と下降傾向をどのようにスタイリングするか
  • ChartElementFunctionに渡される引数は棒の範囲{{xmin,xmax},{ymin,ymax}},日付と値のペア list,メタデータ{m1,m2,}である.
  • ChartElementFunctionの組込み設定のリストはChartElementData["LineBreakChart"]で得られる.
  • ChartElements->{up,down}と設定すると,updown がそれぞれ上昇および下降の棒に使われる.
  • EventLabels->{,datei->lbli,}dateiに関連付けられたラベルを指定する.ラベルは dateiを含む日付範囲の棒で表される.
  • ScalingFunctions->syのとき,関数 syは株価に適用される.ScalingFunctionsは表示のみに影響し,コントロールには影響しない.
  • LineBreakChartのオプションその他の構造からのスタイルその他の指定は事実上TrendStyleStyleその他のラッパー,ChartElementFunctionの順に適用され,後で適用されたものが先に適用されたものに優先する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

値のリストから価格チャートを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

FinancialDataの項目から3ヶ月間の価格を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

日付範囲を指定する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)