LinearSolve

LinearSolve[m,b]
行列方程式 を解くを求める.

LinearSolve[m]
異なる に繰り返し適用できるLinearSolveFunction[]を生成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • LinearSolveは,数値行列,記号行列,SparseArrayオブジェクトに使うことができる.
  • 引数 はベクトルか行列のどちらかである. »
  • 行列 は正方行列か長方行列のどちらかである. »
  • LinearSolve[m]LinearSolveFunction[]は,同じ数値近似線形系を何度も解く効果的な方法を提供する.
  • LinearSolve[m,b]LinearSolve[m][b]と等価である.
  • 劣決定系において,LinearSolveは可能な解の1つを返す.Solveは一般解を返す. »
  • LinearSolveのオプションと設定値
  • MethodAutomatic使用するメソッド
    Modulus0n を法として解くかどうか
    ZeroTestAutomatic式がゼロのときに決定する検定
  • ZeroTestオプションは,厳密行列および記号行列のみに使うことができる.
  • Method->Automaticのとき,メソッドは入力に従って自動的に選択される.
  • 近似数値行列についての明示的なMethod設定
  • "CofactorExpansion"Laplace余因子展開
    "DivisionFreeRowReduction"除算なし行消去のBareissメソッド
    "OneStepRowReduction"標準的な行消去
  • 近似数値行列についての明示的なMethod設定
  • "Banded"帯行列ソルバ
    "Cholesky"正定値エルミート行列についてのCholesky法
    "Krylov"反復Krylov疎ソルバ
    "Multifrontal"直接疎LU分解
1988年に導入
(1.0)
| 2014年に修正
(10.0)