LinkConnect

LinkConnect["name"]
他のプログラムにより設けられたWSTPリンクに接続する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • LinkConnectは,デフォルトで共有のメモリリンクを使う.
  • オプションのLinkProtocolで他のデータ転送プロトコルを指定することができる.
  • LinkConnectは,オプション設定のLinkProtocol->"TCPIP"を使ってリモートのコンピュータシステムにあるポートに接続することができる.
  • LinkConnectLinkObjectを返す.
  • LinkConnectLinkCreateと併用することでピアツーピア形態の通信回線を2つのWolframシステムプロセス間に設けることができる.
  • LinkConnectを使い,他方のWolframシステムプロセスにおけるLinkCreateの呼出しにより設けられたリンクに接続することができる.
  • LinkConnectを使い,適切なWSTPライブラリ関数の呼出しによりWSTPリンクを設けた外部プログラムに接続することができる.
  • を使いWSTPテンプレートをもとに作成された外部プログラムは,コマンドラインにの引数指定が与えられたとき通常WSTPリンクを設置するようになっている.
  • LinkConnectは,WSTPライブラリのに相当する関数を内部で呼び出す.
  • WSTPリンクの接続先にまだ何もプログラムが接続していないときでも,関数LinkConnectは即座に戻り,ブロックすることはない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

補助的なWolfram言語カーネルプロセスを起動し,ポートを聞くように設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input

に接続する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

最初のパケットを読む:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

$ProcessIDを得る:

In[7]:=
Click for copyable input
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

現行Wolframシステムセッションの$ProcessID

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

およびリンクを閉じる:

In[10]:=
Click for copyable input
1996年に導入
(3.0)