LinkCreate

LinkCreate["name"]
他のプログラムが接続できるように指定された名前のWSTPリンクを設ける.

LinkCreate[]
WSTPリンクを設定し,リンク用に使用されていない名前を選ぶ.

詳細とオプション詳細とオプション

  • LinkCreateLinkObjectを返す.
  • LinkCreateLinkConnectを併用することでピアツーピア形態の通信回線を2つのWolframシステムプロセス間に設けることができる.
  • LinkCreate[]は,デフォルトで,共有のメモリリンクを作る.
  • オプションLinkProtocolを使って基底のデータ転送プロトコルを指定することができる.
  • LinkCreate[LinkProtocol->"TCPIP"]は使用中のコンピュータシステムの使用されていないTCP/IPポートを選び,そこに WSTPリンクを作る.
  • LinkCreateはWSTPライブラリの相当する関数を内部で呼び出す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

という名前のリンクを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

リンクを閉じる:

In[2]:=
Click for copyable input

リンクを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

リンクを閉じる:

In[2]:=
Click for copyable input

割り当てられていないTCPIPポートを探し,WSTPのリンクを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
1996年に導入
(3.0)