LinkReadyQ

LinkReadyQ[link]
link で指定されるWSTP接続待ち状態の式があるかどうかを判定する.

LinkReadyQ[link,t]
読み込み可能の式ができるまで最高で t 秒間待つ.

LinkReadyQ[{link1,link2,},t]
すべての を並列的に判定し,そのどれかが読み込み可能になり次第戻る.

詳細詳細

  • は,LinkLaunchLinks等の関数の返すもののように,アクティブなLinkObjectでなければならない.
  • LinkReadyQ[{link1,link2,},t]は, のどれが読み込み可能かを示すTrueFalseのリストを返す.
  • LinkReadyQ[link]Trueを返すときにLinkRead[link]を使っても,通常の状況ではブロックすることはない.
  • 一方,LinkReadyQ[link]Falseを返すときにLinkRead[link]を使うとブロックしてしまい,link に読込み可能なデータが置かれるまで制御は戻らない.
  • LinkReadyQ[link]は単にデータがあるかどうかを判定するだけにとどまる.データが完全な式を表すものかどうかは調べない.
  • LinkReadyQの基本形は,WSTPライブラリ関数のWSReady()に相当する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

補助的なWolfram言語カーネルプロセスを起動する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

読み込む準備が整った式があるかどうかテストする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

式を読み込む:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

リンクを閉じる:

In[4]:=
Click for copyable input
1996年に導入
(3.0)
| 2007年に修正
(6.0)