ListLogLogPlot

ListLogLogPlot[{y1,y2,}]
x 座標1, 2, に対応するとみなされる yiの両対数プロットを作成する.

ListLogLogPlot[{{x1,y1},{x2,y2},}]
xy の値の指定したリストの両対数プロットを作成する.

ListLogLogPlot[{data1,data2,}]
すべての dataiからのデータをプロットする.

ListLogLogPlot[{,w[datai,],}]
記号的ラッパー w で定義された特徴で dataiをプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • データ値 xiおよび yiは次の形式で与えることができる.
  • xi実数値の数
    Quantity[xi,unit]単位の付いた数量
  • 上記の形式ではない値 xiおよび yiは,欠落値とみなされ,表示されない.
  • dataiは次の形式と解釈を持つ.
  • <|"k1"y1,"k2"y2,|>{y1,y2,}
    <|x1y1,x2y2,|>キーと値のペア {{x1,y1},{x2,y2},}
    {y1"lbl1",y2"lbl2",}, {y1,y2,}{"lbl1","lbl2",}ラベル{lbl1,lbl2,}の付いた値{y1,y2,}
    SparseArray正規配列としての値
    TimeSeries, EventSeries時点と値のペア
    QuantityArray大きさ
    WeightedData重みのない値
  • dataiには,次のラッパー w を使うことができる.
  • Annotation[datai,label]データに注釈を与える
    Button[datai,action]データがクリックされた際に実行するアクションを定義する
    Callout[datai,label]コールアウトでデータにラベルを付ける
    Callout[datai,label,pos]相対的な位置n pos にコールアウトを置く
    EventHandler[datai,]データの一般的なイベントハンドラを定義する
    Hyperlink[datai,uri]データをハイパーリンクにする
    Labeled[datai,label]データにラベルを付ける
    Labeled[datai,label,pos]データの周りにラベルを置く
    Legended[datai,label]データを凡例で識別する
    PopupWindow[datai,cont]データにポップアップウィンドウを付ける
    StatusArea[datai,label]マウスが来たときにステータスエリアに表示する
    Style[datai,styles]指定したスタイルを使ってデータを示す
    Tooltip[datai,label]データにツールチップを付ける
    Tooltip[datai]データの値をツールチップとして使う
  • ラッパー w は複数のレベルで適用することができる.
  • {,w[yi],}データの値 yiをラップする
    {,w[{xi,yi}],}{xi,yi}をラップする
    w[datai]データをラップする
    w[{data1,}]dataiの集合をラップする
    w1[w2[]]ネストしたラッパーを使う
  • CalloutLabeledPlacedには次の位置 pos が使える.
  • Automatic自動的に置かれたラベル
    Above, Below, Before, Afterデータの周りの位置
    x位置 x のデータの近く
    Scaled[s]データに沿ってスケールされた位置 s
    {s,Above},{s,Below},データに沿った位置 s の相対的な位置
    {pos,epos}データと相対的な位置 pos に置かれたラベル中の epos
  • ListLogLogPlotには,Graphicsと同じオプションに以下の追加・修正を加えたものが使える.
  • AspectRatio1/GoldenRatio縦横比
    AxesTrue軸を描くかどうか
    DataRangeAutomaticデータとして推測する x の値の範囲
    FillingNone各点の幹をどのように塗り潰すか
    FillingStyleAutomatic塗潰しに使うスタイル
    JoinedFalse点を繋ぐかどうか
    LabelingFunctionAutomaticどのうように点にラベルを付けるか
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようとするパフォーマンスの局面
    PlotLabelNoneプロットの全体的なラベル
    PlotLabelsNoneデータのラベル
    PlotLegendsNoneデータの凡例
    PlotMarkersNone各点を表すためのマーカー
    PlotRangeAutomatic含める値の範囲
    PlotRangeClippingTrueプロット範囲で切り取るかどうか
    PlotStyleAutomatic点のスタイルを決定するグラフィックス指示子
    PlotTheme$PlotTheme全体的なプロットのテーマ
    TargetUnitsAutomaticプロット内に表示する単位
  • DataRangeは,値{y1,,yn}をどのように{{x1,y1},,{xn,yn}}と解釈するかを決定する.次は使用可能な設定である.
  • Automatic,All1から n まで一様に
    {xmin,xmax}xminから xmaxまで一様に
  • 一般に,ペア{{x1,y1},{x2,y2},}のリストは点のリストと解釈されるが,設定DataRangeAllはそれを複数の datai {{y11,y12},{y21,y23},}として解釈するように強制する.
  • LabelingFunction->f は,各点に f[value,index,lbls]で与えられるラベルを付けるように指定する.value は点に関連付けられた値,indexdata 中の位置,lbls は関連するラベルのリストである.
  • PlotLegendsによく使われる設定値
  • None凡例は使わない
    Automatic凡例を自動的に決定する
    {lbl1,lbl2,}lbl1, lbl2, を凡例ラベルとして使う
    Placed[lspec,]凡例の置き方を指定する

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

両対数プロットではベキが直線で示される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

点を線で繋ぐ:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

データに , 座標を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

凡例を付けて複数のデータを示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

各曲線にラベルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

塗潰しプロットを生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2007年に導入
(6.0)
| 2016年に修正
(11.0)