ListPlot

ListPlot[{y1,y2,}]
x 座標, , に相当すると推定される値のリストに対応する点をプロットする.

ListPlot[{{x1,y1},{x2,y2},}]
指定された xy の座標を持つ点のリストをプロットする.

ListPlot[{list1,list2,}]
点の複数のリストをプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • データ値 および は次の形式で与えることができる.
  • xi実数値の数
    Quantity[xi,unit]単位の付いた数量
  • 上記の形式ではない値 および は,欠落値とみなされ,表示されない.
  • は次の形式と解釈を持つ.
  • <|"k1"y1,"k2"y2,|>
    <|x1y1,x2y2,|>キーと値のペア
    SparseArray正規配列としての値
    TimeSeries, EventSeries時点と値のペア
    QuantityArray大きさ
    WeightedData重みのない値
    w[listi]データ集合 のラッパー w
  • には,次のラッパー w を使うことができる.
  • Annotation[listi,label]注釈を与える
    Button[listi,action]曲線がクリックされた際に実行するアクションを定義する
    EventHandler[listi,]曲線の一般的なイベントハンドラを定義する
    Hyperlink[listi,uri]曲線がハイパーリンクとして動作するようにする
    Legended[listi,]点を凡例で識別する
    PopupWindow[listi,cont]点にポップアップウィンドウを付ける
    StatusArea[listi,label]点の上にマウスが来たときにステータスエリアに表示する
    Style[listi,opts]指定したスタイルを使って点を示す
    Tooltip[listi,label]点に任意のツールチップを付ける
  • Tooltip[yi]あるいはTooltip[{xi,yi}]は,点の座標をツールチップに表示するように指定する.
  • Tooltip[list]は,座標のツールチップがリスト中のすべての点について表示されるように指定する.
  • ListPlotには,Graphicsと同じオプションに以下のオプションに追加・修正を加えたものが使われる.
  • AspectRatio1/GoldenRatio縦横比
    AxesTrue軸を描くかどうか
    DataRangeAutomaticデータとして推測する x の値の範囲
    FillingNone各点の幹をどのように塗り潰すか
    FillingStyleAutomatic塗潰しに使うスタイル
    JoinedFalse点を結ぶかどうか
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようとするパフォーマンスの局面
    PlotLegendsNoneデータ集合の凡例
    PlotMarkersNone各点を表すためのマーカー
    PlotRangeAutomatic含める値の範囲
    PlotRangeClippingTrueプロット範囲で切り取るかどうか
    PlotStyleAutomatic点のスタイルを決定するグラフィックス指示子
    PlotTheme$PlotTheme全体的なプロットのテーマ
    TargetUnitsAutomaticプロット内に表示する単位
  • ListPlot[{list1,list2,}]はデフォルトにより,異なる からの点を示すために異なる色を用いる.
  • PlotLegendsによく使われる設定値
  • None凡例は使わない
    Automatic凡例を自動的に決定する
    {lbl1,lbl2,}, , を凡例ラベルとして使う
    Placed[lspec,]凡例の置き方を指定する
  • ListPlot[list,Joined->True]ListLinePlot[list]と同じようにデータを通る線を描く.
  • ListPlot[{list1,list2,},Joined->{s1,s2,}]は,各 の点を繋ぐかどうかについての指定 を与える.
  • Joined->Trueのとき,ListPlotListLinePlotの追加的なオプションを使う.
  • ListPlot[{list1,list2,}]はデフォルトにより,各 の連続する点に対する 座標の値が1から始まって連続する整数であると解釈する.
  • DataRange->{xmin,xmax}の設定は,x 座標の他の範囲を使うように指定する.中の最長のものの最終要素に関連付けられている.
  • デフォルト設定のDataRange->Automaticでは,ListPlot[{{a11,a12},,{an1,an2}}]は,それぞれ2個の点を含む n 個の異なるデータ集合に の値を与えるのではなく,n 個の別々の点に xy の値を与えると解釈される.
  • ListPlot[list,DataRange->All]は,list が常に別々のデータ集合のリストを表すと解釈する.
  • PlotStyle->{style1,style2,}の設定では,各 中の点のスタイルを決定するために,が循環的に用いられる.
  • ListPlotGraphics[{Point[],}], Graphics[{Inset[],}]等を返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

値のリストをプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

, ペアのリストをプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

凡例の付いた複数のデータ集合をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

単位を含む値をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

各点に別々の色を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1988年に導入
(1.0)
| 2014年に修正
(10.0)
Translate this page: