LocationTest

LocationTest[data]
data の平均または中央値が0かどうかの検定を行う.

LocationTest[{data1,data2}]
の平均または中央値が等しいかどうかの検定を行う.

LocationTest[dspec,μ0]
に対する位置測定の検定を行う.

LocationTest[dspec,μ0,"property"]
の値を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • LocationTestは,真の母集団の位置母数がある値 であるという帰無仮説 であるという対立仮説 で,data について仮説検定を行う.
  • を仮定し,LocationTest という という に対する検定を行う.
  • デフォルトで,確率値すなわち 値が返される.
  • 値が小さければ が真である可能性は低い.
  • dspec 中のデータは一変量あるいは多変量である.
  • 引数 は,実数でも,長さがデータの次元に等しい実ベクトルでもよい.
  • LocationTest[dspec]dspec に適用可能な中で最も強力な検定を選ぶ.
  • LocationTest[dspec,Automatic]に等しい.
  • LocationTest[dspec,μ0,All]dspec に適用可能なすべての検定を選ぶ.
  • LocationTest[dspec,μ0,"test"]に従って 値をレポートする.
  • 平均に基づく検定は dspec 中のデータが正規分布に従うと仮定する.検定によってはデータが共通の中央値について対称であると仮定するものもある.正規性や対称性を仮定しない検定は強力なものとして分類される.
  • ペアになったサンプル検定は長さが等しい従属データを仮定する.
  • 使用可能な検定
  • "PairedT"正規性分散が未知である,ペアになったサンプル検定
    "PairedZ"正規性分散が既知である,ペアになったサンプル検定
    "Sign"ロバスト1つのサンプルあるいはマッチするペアの中央値検定
    "SignedRank"対称性1つのサンプルあるいはマッチするペアの中央値検定
    "T"正規性1つあるいは2つのサンプルの平均検定
    "MannWhitney"対称性2つの独立したサンプルの中央値検定
    "Z"正規性分散が既知の平均検定
  • 検定は一変量データについてはスチューデント 検定を,多変量データについてはHotellingの 検定を行う.
  • 検定は,一変量データについてはサンプルの分散が既知であると仮定して 検定を,多変量データについてはサンプルの共分散が既知であると仮定してHotellingの検定を行う.
  • 検定と検定は2つのデータ集合のペアになった差分について検定と検定を行う.
  • LocationTest[dspec,μ0,"property"]は,HypothesisTestDataオブジェクト htd を返す.htd["property"]を使うと追加的な検定結果と特性が抽出できる.
  • LocationTest[dspec,μ0,"property"]の値を直接与えるために使うことができる.
  • 検定結果のレポートに関連する特性
  • "AllTests"適用可能な検定すべてのリスト
    "AutomaticTest"Automaticが使われた場合に選ばれる検定
    "DegreesOfFreedom"検定で使われる自由度
    "PValue" 値のリスト
    "PValueTable" 値のフォーマットされた表
    "ShortTestConclusion"検定結果の短い説明
    "TestConclusion"検定結果の説明
    "TestData"検定統計と 値のペアのリスト
    "TestDataTable"検定統計と 値のフォーマットされた表
    "TestStatistic"検定統計のリスト
    "TestStatisticTable"検定統計のフォーマットされた表
  • 使用可能なオプション
  • AlternativeHypothesis"Unequal"対立仮説のための不等式
    MaxIterationsAutomatic多変量中央値検定のための最高反復回数
    MethodAutomatic 値の計算に使うメソッド
    SignificanceLevel0.05診断とレポートのための切捨て
    VerifyTestAssumptionsAutomaticどの仮定を検証するか
  • 位置検定の場合, のときにのみ棄却されるような切捨て が選ばれる.特性と特性に使われる の値はSignificanceLevelオプションで制御される.この値 はまた,正規性,等分散性,対称性の検定を含む仮定の診断検定にも使われる.デフォルトで に設定される.
  • LocationTestにおけるVerifyTestAssumptionsの名前付き設定
  • "EqualVariance" が等分散を持つことを検証する
    "Normality"すべてのデータが正規分布に従うことを検証する
    "Symmetry"共通の中央値について対称であることを検証する

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

さまざまな検定を使って母集団の平均または中央値が0かどうかの検定を行う:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

2つの母集団の平均の違いが2であるかどうかの検定を行う:

In[1]:=
Click for copyable input

平均の差

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

レベルでは, は2と著しく異なる:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

多変量母集団の位置を比べる:

In[1]:=
Click for copyable input

平均差ベクトル

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

レベルでは,とはそれほど大きくは異ならない:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
2010年に導入
(8.0)