LogBarnesG

LogBarnesG[z]
バルネスの G 関数の対数を与える.

詳細詳細

  • 記号操作・数値操作の両方に適した数学関数である.
  • LogBarnesG[z]は複素 z 平面中で解析的である.
  • LogBarnesG[z]は,複素 z 平面を通して解析的であり,InterpretationBox[logG, LogBarnesG, Editable -> False, Selectable -> False](z)=(z-1) (TemplateBox[{z}, LogGamma]-z/2)+1/2 z log(2 pi)-TemplateBox[{{-, 2}, z}, PolyGamma2]と定義される.
  • LogBarnesGはある種の特別な引数について評価すると自動的に厳密値になる.
  • LogBarnesGは任意の数値精度で評価できる.
  • LogBarnesGは自動的にリストに縫い込まれる.
2008年に導入
(7.0)