LogLikelihood

LogLikelihood[dist,{x1,x2,}]
分布 dist からの観察 , , の対数尤度関数を与える.

LogLikelihood[proc,{{t1,x1},{t2,x2},]
時点 における過程から proc の観察 についての対数尤度関数を与える.

LogLikelihood[proc,{path1,path2,}]
過程 proc からの , , の観察についての対数尤度関数を与える.

詳細詳細

  • 対数尤度関数LogLikelihood[dist,{x1,x2,}]で与えられる.ただし,における確率密度関数PDF[dist,xi]である.
  • スカラー値過程 proc については,対数尤度関数LogLikelihood[proc,{{t1,x1},{t2,x2},}]LogLikelihood[SliceDistribution[proc,{t1,t2,}],{{x1,x2,}}]で与えられる.
  • ベクトル値過程 proc については,対数尤度関数LogLikelihood[proc,{{t1,{x1,,z1},{t2,{x2,,z2}},}]LogLikelihood[SliceDistribution[proc,{t1,t2,}],{{x1,,z1,x2,,z2,}}]で与えられる.
  • 経路集合についての対数尤度関数LogLikelihood[proc,{path1,path2,}]は,で与えられる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

正規分布の対数尤度関数を得る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

数値データの対数尤度を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

対数尤度の等高線を の関数としてプロットする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

多変量データの対数尤度を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

過程についての対数尤度を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)