LogLogPlot

LogLogPlot[f,{x,xmin,xmax}]
f の両対数プロットを x の関数として xminから xmaxまで生成する.

LogLogPlot[{f1,f2,},{x,xmin,xmax}]
複数の関数 fiをプロットする.

LogLogPlot[{,w[fi],},]
fiを記号ラッパー w で定義された特徴でプロットする.

LogLogPlot[,{x}reg]
変数 x が幾何学領域 reg であるとする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • LogLogPlotは,実質的にLog[f]Log[x]に対してプロットされる曲線を生成する.目盛はもとの f および x の値を示す.
  • LogLogPlotは,指数法則関数が直線として見えるようにする.
  • LogLogPlotfx のさまざまな値につい評価し,{x,f[x]}の形の滑らかな曲線を作る.
  • fiが正の実数またはQuantity以外に評価される任意の x についてギャップが残される.
    Quantity.
  • 極限 xminおよび xmaxは実数あるいはQuantity式でよい.
  • 領域 reg は1Dの任意のRegionQオブジェクトでよい.
  • LogLogPlotは,事実上Blockを使って,変数 x を局所的なものとして扱う.
  • LogLogPlotには属性HoldAllがあり,x に特定の数値を割り当てた後でしか f を評価しない.
  • 場合によっては,x に特定の数値が割り当てられる前にEvaluateを使って f を記号的に評価した方が効率がよいかもしれない.
  • fiには次のラッパー w を使うことができる.
  • Annotation[fi,label]fiの注釈を与える
    Button[fi,action]fiの曲線がクリックされたときに action を評価する
    Callout[fi,label]コールアウトで関数にラベルを付ける
    Callout[fi,label,pos]コールアウトを相対的な位置 pos に置く
    EventHandler[fi,events]fiの一般的なイベントハンドラを定義する
    Hyperlink[fi,uri]関数をハイパーリンクにする
    Labeled[fi,label]関数にラベル付ける
    Labeled[fi,label,pos]ラベルを相対的な位置 pos に置く
    Legended[fi,label]凡例中で関数を特定する
    PopupWindow[fi,cont]関数にポップアップウィンドウを付ける
    StatusArea[fi,label]マウスオーバーの際にステータスエリアに表示する
    Style[fi,styles]指定のスタイルで関数を表示する
    Tooltip[fi,label]関数にツールチップを付ける
    Tooltip[fi]関数をツールチップとして使う
  • ラッパー w は複数のレベルに適用することができる.
  • w[fi]fiをラップする
    w[{f1,}]fiの集合をラップする
    w1[w2[]]ネストしたラッパーを使う
  • CalloutLabeledPlacedは,次の位置 pos を使うことができる.
  • Automaticラベルを自動的に置く
    Above, Below, Before, After曲線周囲の位置
    xx の曲線付近
    Scaled[s]曲線に沿ってスケールされた位置 s
    {s,Above},{s,Below},曲線に沿った位置 s と相対的な位置
    {pos,epos}曲線の相対的な位置 pos に置かれたラベル内の epos
  • LogLogPlotには,Graphicsと同じオプションに以下の追加・変更を加えたものが使える
  • AspectRatio1/GoldenRatio縦横比
    AxesTrue軸を描くかどうか
    ClippingStyleNone曲線が切り取られた部分に何を描くか  »
    ColorFunctionAutomatic曲線の彩色の決定方法
    ColorFunctionScalingTrueColorFunctionの引数をスケールするかどうか
    PlotLabelNoneプロットの全体的なラベル
    PlotLabelsNone曲線に使用するラベル
    EvaluationMonitorNone各関数の評価のときに評価する式
    ExclusionsAutomaticx 中の除外すべき点
    ExclusionsStyleNone除外された点のところに何を描くか
    FillingNone各曲線の下の塗潰し
    FillingStyleAutomatic塗潰しのスタイル
    MaxRecursionAutomatic許容される再帰分割の最大数
    MeshNone各曲線に何個のメッシュ点を描画するか
    MeshFunctions{#1&}メッシュ点の置き方の決定方法
    MeshShadingNoneメッシュ点間の領域の陰影付けの方法
    MeshStyleAutomaticメッシュ点のスタイル
    MethodAutomatic曲線を細分化するためのメソッド
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようとするパフォーマンスの局面
    PlotLegendsNone曲線の凡例
    PlotPointsAutomatic初期のサンプル点の数
    PlotRange{Full,Automatic}y その他の含まれる値の範囲
    PlotRangeClippingTrueプロット範囲で切り取るかどうか
    PlotStyleAutomatic各曲線のスタイルを指定するグラフィックス指示子
    PlotTheme$PlotTheme全体的なプロットのテーマ
    RegionFunction(True&)ポイントを含めるかどうかの決定方法
    TargetUnitsAutomaticプロット中に表示する単位
    WorkingPrecisionMachinePrecision内部計算に使用する精度
  • ClippingStyleの可能な設定
  • Automatic切り取られた部分に点線を使う
    None曲線の切り取られた部分を省略する
    style切り取られた部分に style を使う
  • デフォルト設定のExclusions->AutomaticExclusionsStyle->Noneでは,LogLinearPlotが不連続性や特異点を検知したところで曲線が途切れる.Exclusions->Noneとすると,不連続性や特異点があっても曲線は繋がれる.
  • Exclusions->{x1,x2,}Exclusions->{x==x1,x==x2,}に等しい.
  • PlotLegends->"Expressions"は凡例テキストとして fiを使う.
  • LogLogPlotは,まず,fPlotPointsで指定された等間隔のサンプル点の数で評価する.次に,適応的アルゴリズムを使用し,指定の区間を最大MaxRecursion回まで部分分割して追加のサンプル点を選択する.
  • 有限個のサンプル点しか使用されないので,LogLogPlotf の特徴を見逃す可能性がある.PlotPointsMaxRecursionの設定値を上げると見逃された特徴が捉えられることが多い.
  • 曲線に影響するテーマ
  • "ThinLines"細いプロット線
    "MediumLines"中くらいのプロット線
    "ThickLines"太いプロット線
  • MeshFunctionsRegionFunction内の関数に渡される引数は xy である.ColorFunction内の関数には,デフォルトで,これらの引数のスケールされたものが渡される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

両対数プロットでは,ベキ乗は直線として表される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

凡例を付けて複数の関数をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

各曲線にラベルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

曲線間を塗り潰す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)
| 2016年に修正
(11.0)
Translate this page: