MardiaCombinedTest

MardiaCombinedTest[data]
Mardiaの結合検定を使って dataMultinormalDistributionに従うかどうかを調べる.

MardiaCombinedTest[data,"property"]
の値を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • MardiaCombinedTestdataMultinormalDistributionから引き出されたという帰無仮説 とそうではないという対立仮説 で適合度検定を行う.
  • デフォルトで,確率値つまり 値が返される.
  • 小さい 値は datadist から来ている可能性が低いことを示す.
  • data は一変量あるいは多変量でよい.
  • Mardiaの結合検定は事実上MardiaSkewnessTestMardiaKurtosisTestからの結果をプールする.
  • MardiaCombinedTest[data,dist,"HypothesisTestData"]HypothesisTestDataオブジェクト htd を返す.これは htd["property"]として追加的な検定結果と特性の抽出に使うことができる.
  • MardiaCombinedTest[data,dist,"property"]を使って直接を与えることができる.
  • 検定結果のレポートに関連する特性
  • "DegreesOfFreedom"検定で使う自由度
    "PValue"
    "PValueTable"のフォーマットされたバージョン
    "ShortTestConclusion"検定結果の簡単な説明
    "TestConclusion"検定結果の説明
    "TestData"検定統計と
    "TestDataTable"のフォーマットされたバージョン
    "TestStatistic"検定統計
    "TestStatisticTable"のフォーマットされたバージョン
  • 次の特性はどの検定が行われているかに依存しない.
  • データ分布に関連する特性
  • "FittedDistribution"データのフィットした分布
    "FittedDistributionParameters"データの分布母数
  • 使用可能なオプション
  • MethodAutomatic 値を計算するメソッド
    SignificanceLevel0.05診断とレポートのための切捨て
  • 適合度検定では, のときにのみ が棄却されるような切捨て が選択される.特性およびで使われる の値はSignificanceLevelオプションで制御される.デフォルトで に設定されている.
  • Method->"MonteCarlo"の設定では,入力 と同じ長さの 個のデータ集合が,フィットされた分布を使って のもとで生成される.次に,MardiaCombinedTest[si,"TestStatistic"]からのEmpiricalDistributionを使って 値が推定される.
2010年に導入
(8.0)