MatrixRank

MatrixRank[m]
行列 m の階数を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • MatrixRankは数値行列と記号行列の両方に使える.
  • 行列の階数は線形独立の行あるいは列の数である.
  • MatrixRank[m,Modulus->n]n を法とする整数行列の階数を与える.
  • MatrixRank[m,ZeroTest->test]を評価して行列の要素がゼロかどうかを決定する.デフォルト設定はZeroTest->Automaticである.
  • MatrixRank[m,Tolerance->t]は,各要素が許容率 t でのみ正しいと仮定される数値行列の最低階数を与える.
  • MatrixRankは疎な配列に使うことができる.
2003年に導入
(5.0)
| 2007年に修正
(6.0)