MeanShift

MeanShift[list,d]
list 中の各要素を差が d より小さいすべての要素の値の平均で置換する.

MeanShift[list,d,{p1,p2,}]
指定された部分 のみが平均値シフトされた値で置換されたリストを返す.

MeanShift[image,]
image における画素値の平均値シフト.

詳細とオプション詳細とオプション

  • MeanShiftは,モード探究法としても知られており,一般にデータ配列や画像の平滑化に使われる.
  • MeanShiftは,入力要素の順序を保存する.
  • MeanShift[image,d,parts]では,parts はマーカー画像あるいは位置のリストでよい.
  • 使用可能なオプション
  • DistanceFunctionEuclideanDistance距離計量関数
    MaxIterations1最大反復回数
    Tolerance0収束を想定するのに許される許容量
    WeightsAutomatic平均値を計算するために使われる重み
  • Tolerance->t のとき,平均値シフト反復は,どの点も t より大きく変わらなくなると停止する.
  • デフォルトでは単位重みが使われる.Weights->f を使うと,要素間の再スケールされた距離に適用された関数 f が値の重み付き平均値を計算して返すために使われる.0から d までの距離は,0から1の範囲になるように再スケールされる.
  • Weightsのよく使われる設定値
  • UnitStep単位重み(デフォルト)
    UnitTriangle線形に減少する重み
    "Gaussian"シグマ のガウス窓に基づく重み
    {"Gaussian",σ}シグマ σ のガウス窓
  • DistanceFunctionオプションによく使われる設定値
  • ManhattanDistanceマンハッタン距離すなわち「都市ブロック」距離
    EuclideanDistanceユークリッド距離
    SquaredEuclideanDistanceユークリッド距離の二乗
    NormalizedSquaredEuclideanDistance正規化されたユークリッド距離の二乗
    CosineDistance角コサイン距離
    CorrelationDistance相関係数距離
    f任意の関数 f を使う
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)