MenuView

MenuView[{lbl1expr1,lbl2expr2,}]
ラベル でメニュー項目を選ぶと が表示されるようなオブジェクトを表す.

MenuView[{lbl1expr1,lbl2expr2,},i]
i 番目の項目を現行選択とする.

MenuView[{{v1,lbl1expr1},{v2,lbl2expr2},},v]
を連続するメニュー項目と関連付け,値が v の項目を現行選択とする.

MenuView[{expr1,expr2,}]
メニュー項目のラベルを連続する整数にする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • MenuView[list,Dynamic[s]]は,選択されたメニュー項目が動的に更新された s の現行値になるようにする.s の値は,異なるメニュー項目が選ばれるとリセットされる.
  • 次のオプションを与えることができる.
  • Alignment{Left,Top}表示エリアのオブジェクトをどのように並べるか
    BackgroundNone使用する背景色
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストのベースラインとどのように揃えるか
    BaseStyle{}メニューのベーススタイル指定
    ControlPlacement{Top,Left}メニューをどこに置くか
    DeployedFalseコンテンツを編集不可にするかどうか
    EnabledAutomaticメニューを有効にするか,灰色(無効)にするか
    FrameMarginsAutomatic全体的な枠の内側の余白
    ImageMarginsAutomatic表示エリア周囲の余白
    ImageSizeAll表示エリアの全体的な画像サイズ
    LabelStyle{}メニュー項目のスタイル指定
  • デフォルトのオプション設定ImageSize->Allでは,MenuViewはその全体的なサイズが変化しないように,常に表示する最大の 分のスペースを残す.
  • ImageSize->Automaticでは,MenuViewは現在表示されている 分のスペースしか残さない.
  • のいずれかがNullの場合,対応するメニュー項目は空白になる.
  • Itemを使ってメニュー項目全体に適用されるスタイル指定を行うことができる.
  • MenuViewは,デフォルトでは,スタイルで を表示する.この場合一般にシステムメニューのフォントが使われる.
  • BaseStyleLabelStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルとスタイルで与えられるデフォルトスタイルに付加される.
2007年に導入
(6.0)