Mesh

Mesh
Plot3DDensityPlotおよびその他のプロット関数のオプションとして使われ,メッシュをどのように描くかを指定する.

詳細詳細

  • Meshには次の様な設定をすることができる.
  • Noneメッシュは描かない
    nn 等分したメッシュを描く
    Allすべての要素間にメッシュ区切りを入れる
    Full規則的なデータ点間にメッシュ区切りを入れる
    {spec1,spec2,}それぞれのメッシュ関数を別々に指定
  • 曲面では,Plot3Dの例題に見られるように,メッシュの区切りは線になっている.これはContourPlotRegionPlotの例で生成された領域にも当て嵌る.
  • 曲線では,Plotの例で生成されているように,メッシュは点で区切られる.
  • ひとつのプロットに数種類のメッシュの区切りを入れることができる.それぞれのメッシュは,MeshFunctionsの設定で与えられたリスト中のメッシュ関数と関連している.
  • Plot3DListPlot3Dでは,デフォルトのメッシュ関数は xy の座標である.
  • ContourPlot3DRegionPlot3Dでは,デフォルトのメッシュ関数は,xyz の座標である.
  • ParametricPlot3Dでは,曲面のデフォルトによるメッシュ関数は のパラメータ値である.
  • 2Dと3Dにおける曲線については,デフォルトではメッシュは描かれない.
  • デフォルトにより,メッシュの区切りは指定したメッシュ関数で得た最大値と最小値の間を均等に割ったものになる.
  • メッシュの区切りはデフォルトによりMeshStyleで指定したスタイルで描かれる.
  • 各メッシュ関数は以下の明示的な指定と関連付けられている.
  • nn 等分の区切り
    {a1,a2,} における区切り
    {{a1,g1},}グラフィックス指示子 で描かれた区切り
  • Mesh->Allでは,プロット関数によって描かれたすべての線または多角形の間にメッシュが描かれる.
  • ListPlot3DListDensityPlot等の規則的なデータ配列を持った関数の場合,Mesh->Fullは各データ転換で交差するメッシュ区切りを描く.
  • は,色,OpacityThicknessDashingその他の指示子のいずれでもよい.指示子はDirectiveを使って組み合せることができる.
  • ArrayPlotでは,Mesh->Trueの場合はすべてのセルの間にメッシュ区切りが描かれる.
  • Mesh->FalseMesh->Noneと等価である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (6)  (6)

メッシュを使わない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

各方向に5本のメッシュラインを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

サンプリングで使ったすべてのメッシュ要素を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

基になったデータ点を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

配列プロットにメッシュを含ませる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

特定のメッシュラインを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1988年に導入
(1.0)
| 2007年に修正
(6.0)