N

N[expr]
の値を数値で与える.

N[expr,n]
可能であれば n 桁精度で結果を与える.

詳細詳細

  • expr にある数が厳密値または十分精度の高い数値でないと,N[expr,n]は,指定された n 桁精度で結果を与えられないときもある.
  • N[expr,n]は,内部で n 桁以上の精度で計算を行う場合もある.
  • 内部処理で使われる補助的な追加桁数の最大値は$MaxExtraPrecisionで指定する.
  • 精度 は十進数で与えられる.整数である必要はない.
  • n$MinPrecisionから$MaxPrecisionの範囲内になければならない.$MaxPrecisionは,Infinityに設定しても構わない.
  • n$MachinePrecisionより小さくてもよい.
  • N[expr]は,expr の値が$MinMachineNumberから$MaxMachineNumberの範囲にある限り結果を機械精度の数で与える.
  • N[expr]N[expr,MachinePrecision]と等価である.
  • N[0]は機械精度でを与える.
  • Nは,ゼロでないすべての数を型RealまたはComplexに変換する.
  • Nは,評価する関数の持つすべての引数を数値形に変換する.ただし,関数がNHoldAll等の属性の頭部を持つ場合はその限りではない.
  • N[f[args]]:=valueN[f[args],n]:=value を使い,関数の数値的な値を定義することができる.
  • N[expr,{p,a}]は最高で p の精度と a の確度で結果を生成しようとする.
  • N[expr,{Infinity,a}]は確度 a で結果を生成しようとする.
  • N[expr,{Infinity,1}]は式 expr の整数部分の数値近似を求めようとする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

数値的に評価する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

数値的に50桁精度まで評価する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

機械精度の入力では,結果は常に機械精度である:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

厳密な入力では,結果は指定の精度にすることができる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
1988年に導入
(1.0)
| 2003年に修正
(5.0)