NSolve

NSolve[expr,vars]
方程式あるいは不等式の系 expr の解を変数 vars について数値近似で求めようとする.

NSolve[expr,vars,Reals]
実数領域で解を求める.

詳細とオプション詳細とオプション

  • expr は以下の任意の論理結合でよい.
  • lhs==rhs方程式
    lhs!=rhs不等式
    または 不等式
    exprdom領域指定
    {x,y,}reg領域指定
    ForAll[x,cond,expr]全称記号
    Exists[x,cond,expr]存在記号
  • NSolve[{expr1,expr2,},vars]NSolve[expr1&&expr2&&,vars]は等価である.
  • 単一の変数または変数のリストを指定することができる.
  • NSolveは,次の形式の規則によって解を与える.
  • {}解がない
    {{x->solx,y->soly,},}複数の解
    {{}}解集合は全次元である
  • 指定された変数が1つの場合,ある方程式で特定の根が1より大きい重複性を示すときにはNSolveは相当する解の複数のコピーを返す.
  • NSolve[expr,vars]は,デフォルトで,不等式に代数的に現れる数量は実数値であるが,その他の数量は複素数値であると仮定する.
  • NSolve[expr,vars,Reals]では,変数,パラメータ,定数,関数のすべての値が実数に限られる.
  • NSolve[expr&&varsReals,vars,Complexes]は変数の実数値について解くが,関数の値は複素数値でもよい.
  • NSolve[,xreg,Reals]は,x を領域 reg 内に制限する.Indexed[x,i]を使って異なる座標の x に言及することができる.
  • NSolveは主として線形方程式と整方程式を扱う.
  • 使用可能なオプション
  • MethodAutomatic使用されるべきメソッド
    VerifySolutionsAutomatic解を証明するかどうか
    WorkingPrecisionAutomatic計算に使われる精度
  • Methodの可能な設定値には,およびがある.
1991年に導入
(2.0)
| 2014年に修正
(10.0)