Nearest

Nearest[{elem1,elem2,},x]
に最も近い のリストを与える.

Nearest[{elem1v1,elem2v2,},x]
に最も近い に対応する を与える.

Nearest[{elem1,elem2,}{v1,v2,},x]
同じ結果を与える.

Nearest[{elem1,elem2,}Automatic,x]
が連続する整数 であるとする.

Nearest[data,x,n]
に最も近い個の を与える.

Nearest[data,x,{n,r}]
x の半径 r 内にある,x に最も近い n 個以下の を与える.

Nearest[data]
異なるに繰り返し適用可能なNearestFunction[]を生成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Nearestは,数値データ,テキストデータ,視覚データを含む,さまざまな種類のデータに使うことができる.
  • が数のベクトルあるいは行列である場合,Nearestはデフォルトで実際には測定基準Norm[#1-#2]&を使う.
  • 文字列については,Nearestはデフォルトで編集距離の測定基準を使う.
  • 次のオプションが与えられる.
  • DistanceFunctionAutomatic使用する距離の測定基準
    MethodAutomatic使用するメソッド
  • デフォルトで,次の距離関数を使うことができる.
  • SquaredEuclideanDistance数値データ
    JaccardDissimilarityブールデータ
    EditDistance文字列
    ColorDistance
    ImageDistance画像
  • 画像あるいは色および距離関数 f について,DistanceFunction->f はそれぞれImageDistanceおよびColorDistanceに渡される.
  • ManhattanDistanceChessboardDistanceEuclideanDistance等の名前付きの距離関数を使うと,数値ベクトルデータに対しての特別の最適化が呼び出される.
  • Methodに使用可能な設定値には等がある.
  • 複数の要素が返されるときには,最も近いものが最初に返される.
  • 複数の要素が等距離にある場合には,それらの要素が に現れる順に返される.
  • Nearest[data,x,{All,r}]を使って,半径 r 内のすべての を得ることができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

20に最も近い要素を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

20に最も近い要素を3つ求める:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

2Dでどの要素がに最も近いかを求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

「最も近い」文字列を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

最も近い色を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

部分画像に最も近い画像区分を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2007年に導入
(6.0)
| 2014年に修正
(10.0)