NominalVariables

NominalVariables
LinearModelFitあるいはClassify等の機械学習関数のオプションで,どの変数が名前で指定された離散的な値を持っているものとして扱われるべきかを指定する.

詳細詳細

  • NominalVariablesの可能な設定値
  • Automatic名義的な変数を自動的に検出する
    Allすべての変数を名義的なものとして扱う
    Noneどの変数も名義的なものとしては扱わない
    {v1,v2,}変数 を名義的なものとして扱う
  • NominalVariables->Automaticのときは,名義的な変数の検出に異なる方法が用いられる.FittedModel[]を返す関数では,非数値的なデータ値を持つ変数は名義的なものとして扱われる.
  • ClassifyおよびPredictでは,変数に名前がない場合は,指標のリストを与えることができる.
  • 線形モデルで,可能な値 , , を持つ名義変数 v は,各場合で に対応する値またはを持つ変数の集合として表される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

データを定義する:

In[1]:=
Click for copyable input

第1変数を名義変数として扱ってデータをフィットする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

関数的形を見る:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

すべての変数を名義変数として扱う:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

どの特徴が名義的であるかを指定せずに分類子を訓練する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

これらの特徴は名義的であるとみなされる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

どちらの特徴も名義的であるとみなされるように,特徴の指標を使って指定する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
2008年に導入
(7.0)