NotebookFind

NotebookFind[obj,data]
指定されたノートブックオブジェクトにおいて data を前方検索し,見付かれば現在の選択範囲をそこへ移す.

NotebookFind[obj,data,Previous]
後方検索を行い,見付かれば現在の選択範囲をそこへ移す.

NotebookFind[obj,data,All]
選択の範囲を data が存在するすべての箇所とする.

NotebookFind[obj,data,dir,elems]
現行選択を方向 dir の検索に設定し,elems で指定されるセル内の要素を検索する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • NotebookFindは,data が見付からないとき$Failedを返す.
  • obj は,NotebookObjectあるいはCellObjectでよい.objNotebookObjectの場合は,検索操作はノートブック内の選択位置から行われる.
  • data には,文字列,ボックス式,または完全なセルを指定することができる.
  • dir の可能な値はAllである.
  • 指定可能なセル要素の種類
  • CellContents文字列で表される各セルの内容
    CellID各セルのCellIDオプションの設定
    CellLabelセルごとに設定されるオプションCellLabelの設定情報
    CellStyleセルごとに指定されるスタイルの名前
    CellTagsセルごとに設定されるオプションCellTagsの設定情報の一部
    {elem1,elem2,}違った種類の要素のリスト
  • elems のデフォルトは,である.検索にはボックスの内容だけが含まれる.スタイルやオプションは含まれない.
  • 使用可能なオプション
  • AutoScrollTrue見付かった結果までノートブックを自動的にスクロールするかどうか
    IgnoreCaseFalse大文字小文字を等しく扱うかどうか
    WordSearchFalse検索されるテキストが単語として現れなければならないかどうか
    WrapAroundFalse検索対象が見付からなかった場合に,文書の先頭に戻って検索を続けるかどうか
  • また,フロントエンドは,通常,結果に対応する領域をハイライト表示する.
1996年に導入
(3.0)
| 2014年に修正
(10.0)