NotebookGet

NotebookGet[obj]
オブジェクト obj で指定されるノートブックに対応する生の式を得る.

NotebookGet[]
現在選択されているノートブックに対応する生の式を得る.

詳細詳細

  • NotebookGetを使うことで,フロントエンドで現在開かれているノートブックをカーネルから参照し,ノートブックに対応する生の式を得ることができる.
  • NotebookGetは,頭部としてNotebookを持ち,Cell式とボックスデータを持つ式を返す.
  • NotebookGet[NotebookOpen[file]]は,Get[file]と同じ式を返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

まず,操作の対象となる小さなサンプルノートブックを作成する:

小さなサンプルノートブックのノートブック式を得る:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
1996年に導入
(3.0)