NotebookOpen

NotebookOpen["name"]
指定された名前のノートブックを開く.返し値として対応するノートブックオブジェクトを返す.

NotebookOpen["name",options]
与えられたオプションを使ってノートブックを開く.

NotebookOpen["http://url",]
アクセス可能なURLからノートブックを開く.

詳細詳細

  • NotebookOpenを使うと,通常,新たなノートブックウィンドウがスクリーンに設けられる.
  • 指定された名前のノートブックが見付からないとき,NotebookOpen$Failedを返す.
  • NotebookOpenは,フロントエンドに指定の大域オプションNotebookPathに設定されているディレクトリを検索する. »
  • Visible->Falseのオプション設定が有効なとき,NotebookOpenはノートブックがスクリーン上に表示されないようにVisible->Falseが設定されたノートブックを開く.
  • NotebookOpenはまず,現行の選択位置をノートブックの第1セルの前に置く.
1996年に導入
(3.0)
| 2007年に修正
(6.0)