NotebookRead

NotebookRead[notebook]
指定されたノートブックオブジェクトにある現在の選択範囲に対応した式を与える.

NotebookRead[obj]
指定されたセルオブジェクトあるいはボックスオブジェクトに対応する式を与える.

NotebookRead[{obj1,obj2,}]
に対応する式のリストを与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • NotebookReadは,フロントエンドにおいて操作可能なノートブックの各部分を直接カーネルから操作するための基本的な機能を提供する.
  • NotebookReadは,NotebookObjectCellObjectBoxObjectを取ることができる.
  • CellObjectあるいはBoxObject式のリストが与えられた場合,各オブジェクトに対応する式の,与えられたリストと同じ長さのリストが返される,
  • オブジェクトが有効ではなくなった場合,NotebookRead$Failedを返す.オブジェクトのリストが与えられた場合は,無効なオブジェクトのそれぞれに対して$Failedが返される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

以下でドキュメントノートブックを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

次で最初のセルを選択する:

これはセルを読み取り,セル(Cell)式を返す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

CellObjectを読む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

BoxObjectを読む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1996年に導入
(3.0)
| 2012年に修正
(9.0)