NotebookSave

NotebookSave[notebook]
指定されたノートブックの最新の内容を保存する.

NotebookSave[notebook,"file"]
ノートブックを指定のファイルに保存する.

NotebookSave[]
現行の評価ノートブックの最新の内容をファイルに保存する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • NotebookObjectでなければならない.
  • NotebookSave[notebook]は,ノートブックオブジェクトで与えられる名前のファイルにノートブックを保存する.
  • NotebookSaveにより保存される内容は,ノートブックに対応したWolfram言語式,およびフロントエンドによる次回の読込み操作を簡便にするためのWolfram言語形式のコメント文である.
  • NotebookSave[notebook,"file"]file が存在する場合でも警告なしにこれを上書きする.
  • Interactive->Trueというオプション設定のとき,フロントエンドはノートブックのファイル名を選択するようにユーザを促す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

新しいドキュメントを指定のファイルに保存する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input

以前保存したファイルに変更を加え,同じ場所に再び保存する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
1996年に導入
(3.0)
| 2007年に修正
(6.0)