NotebookWrite

NotebookWrite[notebook,data]
現在の選択範囲でノートブックにデータを書込む.書込み後は,現行範囲をデータ直後に移す.

NotebookWrite[obj,data]
現行選択の代りに,指定されたセルオブジェクトあるいはボックスオブジェクトを置換する.

NotebookWrite[obj,data,sel]
データを書き込んで,現在の選択範囲を sel で指定される箇所に移動する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • NotebookWriteの第1引数は,NotebookObjectCellObjectBoxObjectでよい.
  • NotebookObjectNotebookWriteを使うことは,基本的にフロントエンドにおける「ペースト」操作と同じである.この操作はノートブックの現行選択が何であれ,それを data で置き換える.
  • CellObjectNotebookWriteを使うと指定されたセルが指定されたコンテンツで置き換えられる.第3引数が指定されておらず選択がセル内ではない場合は, 現行選択はそのままにこの操作が行われる.
  • NotebookWriteは,フロントエンドにおいて操作可能なノートブックのコンテンツを,Wolfram言語カーネルを使って変更するための基本的な機能を提供する.
  • NotebookWriteは,必要ならば,指定する data の前後でCellが自動的に折り返すようにする.
  • sel として指定可能な値
  • After現在の選択範囲を書き込まれるデータの直後に移動
    All現在の選択範囲を書き込まれるデータとする
    Before現在の選択範囲を書き込まれるデータの直前に移動
    None現在の選択範囲をそのままにしておく
    Placeholder現在の選択範囲を書き込まれるデータの最初のプレースホルダにする
  • sel のデフォルト値はAfterである.これは,NotebookWrite[obj,data]を繰り返し呼び出して,データを順に挿入できるようにするためである.
1996年に導入
(3.0)
| 2012年に修正
(9.0)